集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

現象について2

最近ですが、プロレスラーの三沢さんが試合中に相手選手の技を受け損なって、お亡くなりになりました。
ファンだっただけに、食事が喉を通らないほど、非常にショックを受けました。

なぜ、こんなに若く、なぜ、なぜ、という思いで一杯でした。

しばらくして思ったのが、やはり、馬場さん、馬場夫人、鶴田さん達、前団体である、全日本の人達は、三沢さんを心の中では赦していなかったのではなかろうか、ということでした。

多分、三沢さんは、そういう生きている人達、死んでしまった人達の恨みの念を受け続けていたのだと思いました。

念(思い)も波動ですから、目に見えなくても、存在しているのだと思います。ラジオ、テレビのように、それに同調する波動を微弱でも自ら発振すれば、相手の発する波動と共鳴して現象が起こるのだと思います。

三沢さんも悪いことをしたと心の中で思っていたのではないでしょうか。

前団体である全日本を出て行くときに、根こそぎ有望選手を引き連れて、全日本が立ち行かないような形で新団体であるノアを立ち上げた。誰かにそそのかされたのかもしれませんが。

もし、有望選手の半分でも残してあげて、他団体である新日本から武藤選手を三沢さん自ら引き抜いて、何とか存続できるようしてあげた上で、馬場夫人と「考え方が違うから新団体を立ち上げますと言って」袂を分かっていたのならば、違った結果が出ていたような気がします。


ある本で読んだことがあるのですが、昔の人は、わら人形を使って人を呪殺していたという伝説。
これも、波動の性質を利用した方法であると思いました。

念(思い)をある人に向けて、連日流しておく。わら人形に五寸釘を打ち込みながら。

本人が、それに同調する波動を微弱でも発振しない限り、
これだけでは、現象は起こりません。

どうやって、本人にそれに同調する微弱な波動を発振させるか。

それは、本人にわざと気付かせるよう、本人の身辺に、一つ、わら人形に五寸釘を打ったそうです。
これで、本人は、誰かに恨まれている、呪われている、と恐怖する。(波長合わせ)

それで、「ドーン」と現象を起こしていたそうです。


又、本当の悪人は長生きすると言います。

なぜなのか?被害者、遺族から、相当な恨みの念を受けているはずなのに。
それは、本人が、それに波長を合わせないからなのだと思います。
反省もしない。そもそも悪いことをしたとも思っていない。


三沢さんも、恨まれようと、柳に風と受け流していれば。。。
その優しさゆえに、悔悟もしただろうし、反省もしただろうし、一番悩んでいたのかもしれません。
だからこそ、波長が合ってしまった。

心よりご冥福をお祈りいたします。

逆も又真で、何かに挑戦するときは、家族から、会社であれば、社内の人達から、応援してもらうような形で、望めば、結果は良いのでしょうね。


集団ストーカーという組織的犯罪は相当古くから巧妙に隠され続けてきた犯罪で、この犯罪により、お亡くなりになった方、今現在被害を受けている人の数は、相当数にのぼる筈です。

新風の瀬戸さんなどは、この犯罪の存在を認めてくださって応援もしてくださっているようで、こういう方のもとには、我々被害者の良い念(思い)が届いているので、ものごとが成就しやすくなっているのではなかろうかと思うのです。非常に賢い人だと感じます。

集団ストーカーの被害者の中にも、同じ被害者の念(良い思い)に守られておられる方もきっといると思います。

思いというのは、目に見えなくても、エネルギーであり、舐めたら痛い目に会うものと思います。
人の恨み(生者、死者問わず)を買わず、応援してもらうような、そんな環境にいることの大事さを感じました。







ある被害者さんの事件をイメージして書いた記事です。

私は、時には戦うときも必要ですが、時には、静観しているだけで良いこともあると思うのです。

法則に任せておけば良い時もあると思うのです。

「与えるものが受け取るもの」「蒔いた種は刈り取らなければならない」「他を生かせば生かされる、他を殺せば殺される」

表現こそ違いますが、皆同じことを言っています。これらは、すべて真理だと思のです。

人の恨みを買って、それが、すぐに自分にはね返って来て、現象が起こった(痛い目に会った)人は救われています。
気付いて改めれば、相手の負の念をこれ以上受け続けることはありません。

ところが、なかなか、現象が起こらず、長期間を経過してしまうと、致命傷になってしまうのだと思うのです。

私のこれまでの短い人生で、観察してきてそう思いました。

念(思い)はエネルギーです。空しく戻ってくることはありません。

人に致命的なことをすれば、自分が致命傷を負うことになります。



10月2日追加記載

10月1日、コシ○ズさん率いる独○党と右翼の方の衝突がありました。

すぐはね返ってきましたね。コシ○ズさん救われていると思いました。まだまだ必要な人ということなのでしょうか。

又、今までのやり方(よく調べもせずに思い込みでものを書くようなこと)を続けていけば、こんなものでは済まないぞ、ということなのでしょうか。

「やはり自分のしたことは自分に返ると申します」金玉さんがブログに書いてましたね。
この事件を指していたかはわかりませんが。

自分の保身の為には、弱い存在を避ける人間。
こんな人間には、正神は見向きもせず、黙ります。」リーマンさんが書いていましたね。


虎の尾を踏んだから、こんなひどい目に会った。
俺は被害者だ、なんて言ってると、私は見誤ると思います。







  1. 2009/06/25(木) 13:59:21|
  2. 未分類
  3. | コメント:4
<<レンタルDVD | ホーム | 現象について>>

コメント

なんとなく解る様な気がします。

自分が思った事が現実になると言った風に考えると
良い様な気がします。
現金なもので、良い事を考える様になりますからね。
hikariさんのお考えと少々違うのかも知れませんが・・・。

拍手コメント入れました。
  1. 2009/06/29(月) 20:05:17 |
  2. URL |
  3. まるいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

いつもコメントありがとうございます。

なかなか、この環境下で、良いことを思えというのも酷な話かもしれませんが、いろいろな書籍で言われているとおり、思考は現実化するというのも真理であるような気がします。

今は、時間もあることもあって、自分の内面のことばかり考えています。
それでは、いけないのかもしれませんが。。。

メール送信致しました。届かないようであれば、コメント欄からでも結構です。
ご連絡ください。
  1. 2009/06/29(月) 23:17:14 |
  2. URL |
  3. hikari #-
  4. [ 編集]

集団ストーカーというものは、被害者以外の人には
なかなか理解してもらえない犯罪だと思います。
ウェブで検索しても、真実を糊塗する、まやかしのサイトが多いですね。
hikariさんのブログは真実を語っていると思い、コメントを書くことに
しました。
私は今、上記URLのブログのページで、集団ストーカーの小説を書いています。
読んで頂ければ幸いです。
  1. 2009/06/30(火) 13:19:05 |
  2. URL |
  3. ミセスまる子 #-
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2009/09/03(木) 12:59:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。