集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

合法的社会的抹殺(2)

午前9時、自宅マンションのゴミ置き場にゴミを捨てに行く。加害組織から、携帯にでも連絡が入ったようで、私を待ち構えていたかのように、私の捨てたゴミを確認して、袋につめるメガネをかけた清掃員。

会社のゴミは、個人情報保護ということもあるし、切り刻んだりして捨てているが、何かアラがあれば、はめる材料の情報を得ようとして、私の捨てるゴミまであさって行く。

そのメガネをかけた清掃員は、私がゴミを捨てた瞬間、待ってたとばかり、その捨てたゴミの入っていたポリバケツを覆っていた大きいゴミ袋の口を閉めた。

私の他に一つしかゴミ袋が捨てていないにもかかわらず。

他のポリバケツには目もくれず一目散に私の捨てたゴミ袋の確認をして、「ニッ」と笑った。

多分加害組織から金が出るのだろう。私の捨てるゴミ袋一つ奪えば。

普通はポリバケツが満タンになるのを待って、まとめてポリバケツを覆っているゴミ袋の口を縛って、捨てるはずなのに。

恐らく、私の捨てたゴミは、他のゴミと同じように清掃車へと行かずに、加害組織に渡った。



彼らの目的は、わかっている。

会社を合法的につぶした。

次は、私を合法的に抹殺すること。

その材料を得るために、私の捨てるゴミ漁りまでする。

狙っているのは、「私文書偽造」
これだ、と思っている。



随分前に遡るが、会社でこんなことがあった。

玄関前に自転車が、その自転車をどかさなければ、外に出られないような位置に停められていた。

そして、その自転車のサドルの上には、財布が置かれていた。

外では、カルトおばさんだろうか。二人談笑していた。チラチラと私の様子を伺いながら。

困った。。。

私が、外に出るために、その自転車に触れようものなら、

「泥棒~!」と騒がれるはず。

弱った。。。

どうしようと思案していたら、隣の会社の女性社長が気付いてくれて、
逆に、騒いでくれた。

「誰ー!こんなところに自転車置いとくの?誰ー!お財布も忘れてるわー!」

助かった。

現われたのは、私のビルを管理している会社に雇われている清掃員。
いかにも工作員風の若い男だった。

危うく罠にはめられるところだった。

私が、もし外に出るために、その自転車を移動させようものなら、
その工作員が「窃盗!」と騒ぐ予定でいたのだろう。

そして、それを目撃していた、カルトおばさん工作員。用意周到に目撃証人まで配置していた。


恐らく、加害組織が、この会社をつぶす、もしくはこの人間を社会的に抹殺する、と決めて、
計画的にやられたならば、ひとたまりもない。

必ず会社はつぶされる。個人も抹殺される。
しかも合法的に。



最近度々起こる会社不祥事による老舗優良会社の倒産など、彼らに計画的にやられたのではなかろうか。

又、有名人の刑事事件なども、個人の弱点を徹底的に調べ上げた上で、計画的にはめられた事件ではなかろうか。

そんなことを考える。









自宅マンションには、ぞくぞくカルト工作員が入り込んできているのが感じられます。

近い将来、自分以外は、全員工作員となってしまわないとも限りません。

そうなった時は、何でもできますね。

カルト工作員全員が口裏を合わせれば。

私と同じ背格好の男に私と同じ服を着用させて、犯罪を犯させる。
私のマンションに住む工作員が、口裏合わせて、「あいつが犯人だ!」と私を指す。

防犯カメラの映像も加工する。
(管理人のうちの一人は工作員であるのはわかっています。)

私の自宅に侵入して、証拠物(洋服の切れ端等々)を盗み、付着させる。
(住居侵入なども、あたりまえのようにやられています。金目の物を盗んでいくというのではないのです。気に入っている洋服にペンキをつけたり、テレビとDVDレコーダーとを接続しているコードを抜いてみたり、要するに、住居侵入しましたよ、という痕跡だけ残す。これだと、警察にも届けにくいのです。ただ、やられた方は、非常に不気味に感じる)

「冤罪、でっち上げ」彼らが、本気で集団ストーカー被害者である私を植草一秀さんのようにはめようとすれば簡単にできるはずです。

そうなった時は、警察庁としても、私のブログの記録を徹底的に調べ、集団ストーカーという犯罪を是非公にしてもらいたい!

あんたら知っているはずだ!

集団ストーカーという組織的犯罪のことを!

ネットで「集団ストーカー」で検索すれば、いったいどれだけヒットしてくると思っているのか!

見て見ぬふりをするのは、もうやめてもらいたい!!

※残念ながら、警察が動いてくれないであろうことも、マスゴミが報道しないことも(報道しないというよりむしろ隠蔽に積極的に協力している)、承知しています。
その理由もわかっています。他のことであれば、堂々と暴露している陰謀論者でさえも、こと「集団ストーカー」犯罪のことは口をつぐみます。それほど、大きいところから起こされているタブー中のタブーなのです。私のブログに興味を持ってくれた一般の方は、是非「集団ストーカー」で検索してみてください。
  1. 2008/10/07(火) 10:50:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<暗殺未遂 | ホーム | 合法的社会的抹殺>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。