集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加害組織の計画

最近は、眼球の他にも左頭にかなり強度の電磁波を浴びせられています。
脳細胞が痛みでさっと収縮してしまいます。

(本文)

私は、眼鏡を使用しているのですが、しばらくするとなぜか眼鏡の内側(つまり目に近い方のガラス面)に何やら油っぽい溶剤のようなものがびっちり付着しているのです。

いったいどのような薬剤を吹き付けているのか、しかも、眼鏡の外側ではなく、内側にその溶剤が付着しているということは、私の眼球自体を狙ってそのような溶剤を吹き付けていることになります。

cam_1.jpg

この眼鏡を作ったときの矯正視力は、1.0が見えるように作りました。
ところが今現在の矯正視力は、恐らく0.3も見えないのではなかろうかと思っています。

この眼鏡を作ったときの年齢、及び今現在の私の年齢を考えると、ここまで視力が落ちることは、病気でも患わない限り、凡そ考えられないことであるはずです。

専門家に聞いたとしても同じように答えると思います。

ただ、電磁波攻撃といっても、他の人には、見えるものでもないし、攻撃されている本人にしか自覚できないものですから、傍目からは、私に対しては、何も行われていないように見えるのでしょうね。まさに完全犯罪です。

彼ら加害組織が私をどのような状況下に追い詰めたいのか考えたのですが、
おおよそ、①精神的に破滅させることもしくは、②障害者にすること
なのだろうと推測します。

精神的に破滅させるということに関しては、ボールペンを使った工作が私の場合典型的だと思います。

たとえば、三色ボールペンの一つの色を出しておいて、他の色を軽く押すと「カチッ」という音を聞かせることが出来ます。

一色のボールペンでも、横にポッチのようなものがついている場合、そのポッチを押すことにより「カチッ」という音を聞かせることができます。

その他ノック式のボールペンもあります「カシャカシャカシャカシャ」。

この音を、場所を問わず工作員を使って、初期の頃、嫌がらせアンカリングとして刷り込まれました。誰が工作員として、このアンカリングをしてきたかは後日詳細に記録します。

又、マスコミも利用して、ボールペンの「カチッ」という音声の聞かせもされます。
どの番組を好んで見ているか、そして、今どの番組を見ているか、というのは加害側には筒抜けですので、その番組内でアンカリング、ほのめかしなどをされるのです。

私の場合、巨人戦の野球中継は欠かさず見ていますので、ご興味がある方は、地上波、BS、CSでの巨人戦の野球中継をご覧下さい。耳を澄まして聞いてみていただくと、

時折、ボールペンのポッチを押したときになる「カチッ」という音声が流れるのが確認できるはずです。特にTBS放送における横浜巨人戦の時が多く感じられます。

過去の試合中継などは、今はインターネットで見れるのです。
ご興味のある方は、このサイトで試合をご覧下さい。
GIANTS ストリーム

日本においては、私のやられている「ボールペン工作」については、少数かもしれませんが、外国においては有名な工作だそうです。

「マウスのクリック工作」の方が、この国では、やられている被害者が多いのかもしれませんね。2チャンネルでそれらしいコメントを見つけて気付きました。

私の場合、大きな会社では働いたことはないのでわからないのですが、リストラ工作などでは使われているのではなかろうかと思うのです。

例えば、ターゲットが通るタイミングに合わせて、他の社員それぞれが、マウスをクリックして「カチッ」という音をある特定の人物に聞かせる。

連日こういう工作をされれば、気になってこないほうがおかしいと思います。

又、テレビを見ればなぜかコマーシャルの最後に「検索」をクリックして「カチッ」という音の聞かせがされています。いつ頃からこのようなコマーシャルが多く流れるようになったのか?ある特定の組織の意図的なものが感じられませんか?

加害側は、ある心理的マニュアルに沿って計画的に実行しているのだと思いますが、その結果、被害者は、皆一様に音に敏感にさせられます。

そして、最終的にどこまで精神的に被害者を追い詰めたいかというと、ボールペンや、マウスなどどこにでもあるような小物を利用して、「小さな音」をターゲットに聞かせることにより、精神的に破滅するところまで追い込みたいのです。


ある被害者サイトからの引用 (この被害者さんによると水の滴る音ですね)

ある時、その友人は私に唐突に言った。「人間って、水で殺すこともできるんだって。牢獄につながれて、目の前に、いつ止まるかわからない水が一滴ずつ目の前に落ちてくる・・・それだけで気が狂ってしまうらしいわよ」今の私は苦しいけれども、その話を聞いてダメージを受けることはない。しかしその頃の私は、それはまさに自分のことだと思って、耳をふさぎたかった。

                                                    引用ここまで


この被害に気付く随分前だったのですが、タモリの「世にも奇妙な物語」という番組において、主役を演じていた男優が、音が気になって仕方がない、という精神状況に追い込まれていって、自宅にある音のするものを次々と壊していくのです。時計の秒針の「カチカチカチ」という音も気になり、これをも壊してしまいます。

そして、この主人公の男性は、無音を求めて最終的に防音室の中に入り、やっと一安心しました。

「これで何の音も聞こえない」と思ったところ、まだ音が聞こえてきたのです。

「ドックン、ドックン、ドックン、ドックン、ドックン、ドックン、ドックン、ドックン」

そうです。自分の心臓の鼓動でした。

そして、彼はこれをも壊してしまいます。

ナイフを手に取り、自分の心臓を突き刺してしまったのです。

と、こういう結末でした。

この当時は、「あー、おもしろかった」ですんだ番組でしたが、今見れば、その一言ではかたずけられない非常に不気味なものを感じます。

彼らは、被害者の証言力を奪うために、まず最初に精神工作を仕掛けてきます。
タモリの「世にも奇妙な物語」の主人公のような精神状態まで追い込み、発狂させたいのです。

そして、これが功を奏さないと見れば、私もやられていますが、直接、脳を狙って強度の電磁波を浴びせてきます。長期間、脳を狙って電磁波を浴びせられ続ければ、恐らく廃人化されてしまうのではないでしょうか。廃人化されてしまった被害者も相当数にのぼると思います。

②障害者にすることというに関しては、他の被害者のことは別として、わたしの場合は、「失明させる」ということを目的として、眼球を狙った電磁波照射を24時間されています。

私の場合、集団ストーカーを運用しているものの初まりの計画として、①の精神的に破滅させ、精神病院送りにし、証言力を奪った上で、抹殺。それができなければ、②の『失明させること』という二本立ての計画を立てて、実行しているものと推測します。

それが被害者によっては、『両足を奪うこと』『廃人にすること』であったり『猟奇的犯罪の加害者に仕立て上げる』ということも考えられます。
これを読んでいる一般の方にとっては信じられない内容でしょうが、彼らはとてつもない科学力(テクノロジー犯罪)をもっていてそれを利用して、被害者を追い詰めます。

私に対する加害組織の計画
『精神病院送りにできなければ、失明させて、障害者にし、働けなくして、収入の道を絶ち、自殺させる』










  1. 2009/05/05(火) 16:02:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:10
<<いよいよネット弾圧か?! | ホーム | ボールペン工作>>

コメント

はじめまして

はじめまして、beshiといいます。
私もこの2年弱被害を受けてきました。
電磁波、思考盗聴、メディアからのほのめかしもありました。
いろいろありましたがこの出来事から自分の”心の自由”を逆に教えてもらったと思っています。
私のこの一連の出来事から感じたことをブログに書いていますので、良ければ読んで見て下さい。
思ったことを正直に書いています。


  1. 2009/05/12(火) 02:58:31 |
  2. URL |
  3. beshi #7bMBDrhM
  4. [ 編集]

大丈夫

17年電磁波を中枢や脳をやられっぱなしだけどまだ平気だから大丈夫だよ。頭はある程度潰れるけど。脳にはあらゆる事が出来る機械だからね。でも人は快復するよ。死なないみたいだから、大丈夫だよ。
  1. 2009/05/15(金) 21:30:41 |
  2. URL |
  3. まあ #-
  4. [ 編集]

まあさんへ。

まあさん。いつもありがとう。 頭はやはり狙われますね。

この組織犯罪によってどれだけの尊い命が奪われてきたのか!

まだ、善なる意識の残って参加している人(かなりの人が知って参加しているはずです)には是非、良心のかけらでも残っているのであれば、暴露して欲しいと思います。

多分、そうすれば、すがすがしくさっぱりした気持ちでこの世を終えられると思うのです。

人間今生で終わりではないですからね。

罪の意識で苦しんで参加している加害側の人がいるのは観察していてわかります。
  1. 2009/05/15(金) 22:25:10 |
  2. URL |
  3. hikari #-
  4. [ 編集]

お久しぶりです

目への攻撃は僕もやられています。
手を目の上にやると目が一時的に楽になりました。
(上方からの攻撃なのかな)などと思ってしまいます。

僕のブログの知り合いで、
電磁波、電波による加害の記録・計測方法を公開している方がいます。
ICレコーダーとプラグを使い、
加害電磁波の異常電界を記録するというやり方です。
今後使用する事になる証拠を採集して下さい。
なるべく多くの被害者が証拠をもっていれば
何かの時に必ず役立つはずです。
音声送信被害や、チクッとした痛み、頭痛など色々計測出来ます。
音声は日本音響研究所で解析も出来るそうです。
その時の音声記録は、人間の声では無いという結果が出た様です。
その方「momo」さんのHPです。
加害者への公開質問状
http://mongar.biroudo.jp/
下のURLはそのHPの「コンデンサーマイクによる電磁ノイズ受信について」です。
http://mongar.biroudo.jp/c_mic/c_mic.html
すでにやっておられたらすみません。
お互い協力してこの犯罪に勝ちましょう!!!
  1. 2009/05/17(日) 13:33:54 |
  2. URL |
  3. まるいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2009/05/17(日) 13:40:49 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

まるいちさんへのお返事です。

まるいちさん。お久しぶりです。

>目への攻撃は僕もやられています。
>手を目の上にやると目が一時的に楽になりました。
>(上方からの攻撃なのかな)などと思ってしまいます。

遮断する方法をいろいろ試してみましたが、これといって効果のあるものは見当たりませんでした。まるいちさんがおっしゃるとおり、遮断する方法として有効だったのは、自分の体の一部、もしくは人の体が自分に覆い被さっているときだけでした。

>ICレコーダーとプラグを使い、
>加害電磁波の異常電界を記録するというやり方です。
やったことはありませんね。

>今後使用する事になる証拠を採集して下さい。
なるべく多くの被害者が証拠をもっていれば
>何かの時に必ず役立つはずです。

おっしゃるとおりですね。証拠を集めて集団訴訟に持ちこみましょう。

ただ、その電磁波を測定できる科学的な方法が私にはまだよくわかりません。

>その時の音声記録は、人間の声では無いという結果が出た様です。
そうすると、コンピューターがしゃべっているのですか?

いろいろと参考になる情報を提供していただきありがとうございます。

加害者への公開質問状さんのサイトを参考にこれから、読ませていただきます。
  1. 2009/05/17(日) 16:18:35 |
  2. URL |
  3. hikari #-
  4. [ 編集]

beshiさんへのお返事です。

beshiさん、コメントありがとうございます。
ブログ記事すべて読ませていただきました。
私が体験していない被害についてはわかりませんでしたが、
ほぼ共感できる内容でした。

高みからこの被害を眺められているようで、
私も、もし逃げ道があるとしたら、beshiさんの進まれている方向なのかなぁと漠然と思っています。今後ともどうぞよろしくお願い致します。
  1. 2009/05/17(日) 16:25:58 |
  2. URL |
  3. hikari #-
  4. [ 編集]

Kさんへのお返事です。


Kさん、こんにちわ。多分はじめましてではないと思います。もう一つのブログ?には何度かコメントを残したような記憶が残っているのです。

ボールペン工作をKさんもされているのですね。あまりやられている被害者はいないのではなかろうかと思っていたのです。

又、電化製品をやはり壊されてしまうのですね。どういう手口でやっているのでしょうね。そのたびに散財させられてしまいます。

大変なご状況でしょうが頑張ってください。
  1. 2009/05/17(日) 16:35:36 |
  2. URL |
  3. hikari #-
  4. [ 編集]

>
>その時の音声記録は、人間の声では無いという結果が出た様です。
そうすると、コンピューターがしゃべっているのですか?

 日本音響研究所よると確か、肉声では無いという事の様で、 
音声送信を証明するのに一歩近づいたと思います。
被害者が簡単に想像出来るのは、
偏執病者の加害者共がマイクにしゃべった音声送信ですし、
或いは、音声データからの変造や捏造を送信して来ている
のでは無いかと思っています。
  1. 2009/05/17(日) 16:53:44 |
  2. URL |
  3. まるいち #mQop/nM.
  4. [ 編集]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/01/24(火) 19:20:34 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。