集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

すべては繋がっている。

この組織的犯罪のことを知らずに加担している一般の方があまりにも多いと思って、当時書いた記事です。


(本文)

〈まだ、良識の残っている、知らずにこの組織的犯罪に加担してしまっている一般の方へ〉

何んの罪悪感もなくするそのアンカリング、ほのめかし一つ。

あなたにとっては、たった一回の行為だったとしても、我々被害者にとっては、何百回何千回と繰り返されてきた嫌がらせ。

あなたにとっては、たった一回の行為だったとしても、それによって、自殺したり、切れて犯罪を犯す人もいるはずです。

いつだったか、赤ん坊を蹴って、傷害罪で捕まったというニュースを聞いた。又、散歩中の犬を蹴って、傷害罪で捕まったというニュースも聞いた。
 
多分、この犯人というのは、この組織的犯罪の被害者なのでは、とその時ピンときた。
彼らは、ほのめかしの道具として、赤ん坊、犬を使う。
連日こういうものに組織的犯罪の被害者は出会わされる。
 
ひつこい加害者だと、さあ蹴りなさいとばかりに、私の進路を、赤ん坊や犬で塞ぐ。
犬は、まだわかる。が、自分の赤ん坊を、さあ蹴りなさいとばかりに進路妨害の道具とする
その親の神経が理解できない。
 
報道された事件一つだけ見れば、何てひどい犯人なの、と非難を浴びるが、恐らく、その犯人は、同様のほのめかしを何百、何千回とされてきているのだ。そして、彼らの挑発に負けて、切れてしまった。と、こういうことなのだろう。
 
彼らの目的の一つとして、切れて犯罪を犯させる、というのがある。
彼らは、切れるまで、挑発を繰り返すのだ。 

誰に頼まれて、ほのめかしの道具となるのかわからないが、そのただ一回の行為によって、その人の人生を狂わせてしまう可能性がありませんか。

その人を不幸に陥れるということは、その人に係わる親、兄弟、子供、親戚縁者、友達、ご先祖様等すべて不幸にさせているということにお気づき下さい。


テレビも、ほのめかしの道具として使われる。
最近のコマーシャルを見ていても、不自然に犬が登場していると感じないだろうか?

ハリコレ

2つ目のハリコレのコマーシャルなんか、ほのめかし、そのもの。
ほのめかしの道具総登場といったところ。

犬、赤ん坊、ベビーカー、キャリーバック。

被害者それぞれにほのめかしの道具を揃えるとなると不経済なので、被害者固有のオプションを除いて、ある程度共通しているのだろう。

そして、これらのほのめかしの道具を、悪のネットワークに属する人達に、予め用意させる。
携帯に連絡を受けた悪のネットワークに属する人間が、ほのめかしの道具を携えて、タイミング良く、ターゲットに遭遇する。と、こういうことなのだろうと思う。

この組織的犯罪に加担している加害者の数は驚くほど多いはずだ。

  1. 2007/12/02(日) 16:14:44|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。