集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

作られた不幸の記録

作られた不幸の記録(集団ストーカーに晒されていると認識する以前の記録)

20年前

国分寺市日吉町4丁目 本橋ハイツ102号

○○教会なのか○○学会なのか、それ以外の宗教団体なのか定かではないが、男女二人で見えられて、何やら話し込んでいった。最後には、達彦ちゃん事件のことを話した上で、因縁がどうのこうの、だから、印鑑を買いなさい。という話の流れになっていった。
余裕が無いので、と言って、丁重にお断りした上で、引き取っていただいた。

それからしばらくして、上階の202号室にとても騒々しい夫婦が入居してきた。
(確か山○という苗字だったと記憶している。)
ドタドタと足音がものすごかったのと、時折、すーっと音もさせず私の居る頭上に来ては、ドンドンと床を踏み鳴らし、又、すーっと音もさせず、もどっていく。(女房がやっていたのだろうと思っている)

当時は、なぜ私の居る場所が上階からわかるのか不思議だった。
居場所がわからないよう、息を潜めて生活していたのを思い出す。
さすがに腹に据えかねて、上階の夫婦に文句を言いに行ったこともあった。
しばらくして、帰宅した旦那の方が、謝りに来た。

しかし、その嫌がらせは止むことが無かった。当時は、私に限らず家族全員がやられていた。

この夫婦は、多分、特に女房の方は、○○○○員ではなかっただろうかと思うのだ。
妊娠していてお腹が大きかった。にもかかわらず、こういう嫌がらせをされていた。
生まれてくる子供にとって良くないはず。と私は、他人事ながら思っていた。
一方的にやられっぱなしでしゃくに障ったので、私は、音楽を上階に向けて大音量で流し反撃していた。
(奈良の騒音おばさんの気持ちはよくわかる。一歩間違えば私も奈良の騒音おばさんのようにされていたかもしれない)

そういえば、ふとんを干している時、上階から、植木の水を捨てる嫌がらせも家族全員やられていた。


西国分寺のアパート暮らしでの一人暮らしを経て、萩山に転居。

凡そ18年前 東村山市萩山町 フレンドリーⅢ 312号室

階下の一人暮らしの男性(当時40ぐらいか)。今思い出すと、この方は、ストーカー要員であったと思う。ストーカー特有の雰囲気をかもし出していた。在○の人だったのですなかろうか。ただ、当時は、それには気付かない。

時折、物凄い勢いで、床を踏み鳴らす。そんなことをされていた。

ある法務省主催の国家試験を受けに行く。どこの大学だったか。埼玉県管轄の試験場であった。後にも先にも埼玉県管轄の試験場で受けたのは、その一回きりだった。

後ろの席だった。私の近くには、受験生はなぜかまばらだった。
集中できそうだと喜んだのもつかの間、しばらくすると、私の後ろの
50前後の受験生(その場には不釣合いな人間だった。この人も在○の人だったのではなかろうか。)が背もたれの席をけり始めた。止めるよう注意した方が良いのだろうか、もし、そうしたとして、尚続けるようだと集中できない、どうしようかと悩んでいたところ、その異変に気付いた試験管(当時新宿の法務局にいた人だった)が、気付いてくれた。パッと睨んでくれて、それ以降は、嫌がらせは止んだ。

この当時から私が集団ストーカーの被害者であったということがわかる。が、その当時は気付かない。ついてなかったなぁという思いしか残らなかった。

これを見ても、法務省の中にも、しっかりと加害組織の人間が入り込んでいるのがわかる。
私の受験する席のちょうど真後ろに工作員を配置できるのは、法務省の中に工作員が居る証拠である。

前歯のうちの一本が少し黒くなっていたので虫歯だと思い歯を治しに駅前の歯科医に行った。その歯のことで西国分寺に居る時から歯科医には通っていたのだが、西国分寺まで行くのが面倒なので、手じかの転居先の歯科医に駆け込んだ。

その歯科医は、右上奥歯にも虫歯があると説明しただけで、麻酔をかけて、前歯2本と右上奥歯2本の計4本の神経を抜いた。
私は驚いた。前歯一本以外は、過去に削られたことも無いまっさらな歯だったから。いきなり神経を抜いてしまうその治療方法にびっくりした。前歯一本の他には、痛みも何も無かった。その問題の前歯についてもしみる程度のごく軽い虫歯だったはず。

私は、この歯科医を訴えた。お金も無かったので、弁護士を頼むことも出来ず、自分一人でやった。勝てる自信はあった。確かな証拠があったから。その歯科医にかかる直前まで西国分寺の歯科医にかかっていたから。カルテが残っているはず。レントゲン写真も残っているはず。

私は、西国分寺の歯科医に証人となってくれるようお願いした。カルテ並びにレントゲン写真を提出して欲しいことを。

その歯科医は、同業者の不利になることはしたくないと言い、断った。

訴訟は却下された。
東村山の裁判所だったろうか。女性の判事だった。


萩山に住んでから1年半後。

中野区沼袋。

このような不幸の連続を経て私は精神世界に興味を持つようになった。

気の会主催の公演を聞きに行った。
20くらいの若い女性3人が私の前の席に座った。ときおり振り返り振り返り、私を見て笑っていた。
今思うと○○○会員の方達だったと思う。当時から私は気付かなかったがウォッチされていたということなのだろう。

その様子を見ていた50位の気の会の男性会員の方がその女性達に向かってきつく注意してくれた。講演に集中しなさい、くらいのことを言ってくれたような気がする

高田馬場の研究室(自習室)に通い始めた。ここは、弁護士受験を目指す受験生が多く室内で勉強していると、物凄く集中できた。私は、仕事をもっていたので、早朝6時くらいから8時半くらいまで、夕方5時半くらいから、9時くらいまで、その自習室で勉強した。
ある早朝、自習室に向かう階段に人糞が置いてあった。大きさからいって、犬猫のものとは思われない。熊、虎などの大動物が都心のど真ん中に居るわけが無い。人間のものだと判断した。

ある愛国者のブログには○○○会は、敵対する人間に対して、人糞を置いたり、撒くなどの嫌がらせをすると書かれていた。私の場合も、そうだったのだろうか。
この当時も依然ウォッチされていたのだろう。だが、私は全く気付かない。

私の原付バイクが、なぜか、道のど真ん中に移動される嫌がさせをされたり、自宅玄関前に大きなゴミ袋が放置されていることもあった。


沼袋に転居してから、さらに1年半後。
杉並区下井草を経て、多摩市永山へ。

多摩市永山町 諏訪1丁目ハイツ606号室

転居して間も無く、道路を隔てたブルーのマンションの住人が、私が、何気なく外に目をやると、一生懸命ハンカチを振りつづける。60前後のおじさんった。
変なひとだなぁと思った。無視して外を見るのを止めると、しばらくして現れなくなった。

昼食時、新宿の公園で一人食事をしていると、汚いかっこうをした兄弟が現れて、私の昼食のパンをねだった。仕方なく二人に一つづつ分けてあげて、私は残りの一つで我慢した。
この時の印象は強烈だった。日本にまだこのような貧しい子供がいるのかと、哀れに不憫に思った。まるで異次元から現れた子供たちのようだった。今思い返すと、この子達は部○の子供だったのではなかろうかと思う。
同○の一部もこの組織犯罪に参加している。
あの人の食べているパンをねだって来いとでも言われたのではなかろうか。
あの純粋無垢な子供達も、年月を経て、この組織犯罪に手を染めるようになってしまうのかと思うと非常に不憫に思う。

身内が亡くなった。気分を変えようと思い、同じ永山内で転居先を探す。
マンション内見後外に出ると、あかちゃんを抱いた40前後の女性が先を歩いていた。
何気なくそのあかちゃんを眺めていた。
そのあかちゃんは、全く動かず、泣きもしなかった。
もしかして死んでいるのではなかろうか?
私は、その女性の抱いているあかちゃんを凝視した。

背筋に悪寒が走った。
その女性の抱いているあかちゃんは精巧に作られた人形だった。

それに気付いたのか、前を歩いていた女性が私を振り返った。
薄気味悪い笑みを浮かべていた。
私は、ぞっとした。

恐らく、ここから、本格的に集団ストーカーを始めるよ、という加害組織の合図だったような気がする。それを始める時期を計っていたのだ。

身内が亡くなり、精神的に弱っている、この時期を選んだのだろう。
だが私はまだ気付かない。


この組織的犯罪は、エイズと一緒で、発症(本格的に開始)するまでの潜伏期間というのがある。
なぜ、いきなり本格的に始めないのか?それは、その期間を利用して、ターゲットの情報をリサーチするため。
強力なコネを持っていないか?性格は?弱点は?
時々、加害工作を仕掛けてみて、それに対する反応を観察し、それを記録する。
途方も無く長い期間をかけて、ターゲットの情報を収集する。ファイルにしたら数十冊を要するのかもしれない。
そして、それを元に攻撃方法を決定する。

もしかしたらこの段階で、たとえば、強力なコネを持っていることが判明したり、加害工作に対する反応の仕方が予期せぬものであったりして、ターゲットにするには不適(やっかいな人間)であると判断されれば、本格化する前に中止されるのかもしれない。彼らにとって好みのターゲットというのがあるように思う。

私は、何事においても物事を穏便に、事を荒立てないよう、まぁまぁ、で過ごしてきたタイプでした。
恐らくターゲットにされる多くの人は、同タイプ(典型的日本人)の人なんじゃなかろうかと思う。



永山で4年近く過ごした後、練馬区光が丘団地へ。

練馬区光が丘。

パソコンのモデムをソ○トバンクの人間が届に来た。
25くらいの男だったろうか。玄関の扉をあけてこの男に正対した瞬間私は怖気づいた。こいつは普通じゃない。なんと表現したらいいだろう。仮に何人も人を殺してきたならば、こんな表情をする人間が出来上がるのだろうか。そういった風情の全く無表情な男だった。

今は、この手の工作員に始終つきまとわれているので驚かないが、当時は、びっくりしたのを思い出す。


転居先では、必ず、上下両隣のその全て若しくは一部に工作員がしばらくすると入り込んできて騒音を出し始める。それに耐えかねて、転居することになるのだが、転居先でも又同じ騒音被害に悩まされる。その繰り返しでした。今思い起こして、その人達というのは在○の人がほとんどだったような気がします。

戦後、何かそういう見えないネットワークでもすでにあったのではなかろうか?
純日本人排除のための見えないネットワーク。




半月ここで過ごした後、調布市つつじヶ丘へ。





集団ストーカーに晒されているであろうと、気付いたのが、以下に記すところから。マスコミもしくは、警察が調べるとしても、以下の住所以前のことまでは、証拠も無いので、調べようが無いので、
被害に遭っていると気付いたところから、住所、住定日、被害内容を公開します。
志あるマスコミの方がおりましたら調べて見てください。

①東京都調布市西つつじヶ丘4丁目23番地 神代公団住宅45号棟201号室
住定日 平成15年3月15日

上階の住人が、在○の人だったのか、○○○会の人であったのか?その方が非常にドタドタと上階を歩く足音の他、ときおり、何かをちょうど、階下にいる自分めがけて落下させたりといういやがらせを時折される方でしたので、又、階下で,私は、ある国家資格勉強をしており、集中して勉強したかったので、それから逃れるために同じ団地内で転居いたしました。
玄関扉をガタガタさせる嫌がらせは、この女性からスタートします。

最後にその方と外で偶然お会いしました。
その女性:「私が、うるさかったのでしょうか?」
私:「いえ、そういうわけではありません。」

2、3の会話をしただけでしたが、私の返答を聞いたその女性は、ほんとにすまなそうな表情を見せました。今でもありありと思い出します。

今になって思うと、この女性は、誰かに頼まれてやったのかな?と思います。


②東京都調布市西つつじヶ丘4丁目23番地 神代公団住宅38号棟507号室
住定日 平成15年7月1日

今になって、気づいてみれば、同じ団地内の人達の私を見る目つきがおかしかったように感じます。そして、公団の管理人の50前後の女性の、最初合ったときとは、全く異なる姿を見ることになりました。この当時の人の良さそうな50前後の公団の管理人も何かを知っています。調べれば、必ず何か出てきます。この時点から何らかの風評がばら撒かれ始めたはずですので、この管理人及び同じ棟に属する住民の方から事情を聞ければ何かつかめるはずです。

③東京都西東京市富士町1丁目7番64-502号
住定日 平成15年9月28日

初めて、ストーカーされていると気づいたのは、こここに転居してからです。そしてマイナスの風評も同時にばら撒かれていると気づきます。転居してから後1ケ月位経ったころでしょうか。当時隣室の501号室の夫婦が外出時必ず、玄関扉をガタガタさせる嫌がらせを始めました。この嫌がらせは、結局、現在に至る転居先すべてにおいてされましたので、誰かが、私が転居してきた後、私に関するデマを隣人に吹き込み、同時にこの玄関扉をガタガタさせる嫌がらせ行為も指導する、と解釈しております。いったい誰が、何の目的で。この当時は、この相手は全く見当もつきませんでした。ただ、なんとなく、東伏見の団地の管理人が怪しい(全くの見当違いでしたが、疑って申し訳なかったと思っております)と見てましたので、公団本部に苦情を言ったり、警察に相談に言っておりました。この当時の隣室501号室の夫婦から事情を聞ければ、誰が、何を吹き込みにきたかを調べることが出来ます。

④東京都西東京市新町1丁目4番1-705号
住定日 平成15年9月28日

ここに越してきて、1週間位経ったでしょうか。ここでも、例によって隣室の方の玄関扉をガタガタさせる同一の嫌がらせ行為が始まりました。ここに至って、これは、間違いなく、公団の管理人だと確信し、公団内で管理人が通じていると考え、前住所地の東伏見の50前後の女性の管理人に猛烈に苦情を言いに行きました。と同時に自治会もグルでやっていると思ったので、東伏見の自治会の代表の70前後の女性にも苦情を言いました。二人とも、何のことかわからないと言っておりました。又、ここの新町の団地の管理人室にも個人情報が悪用されているので、調べてくれと何度も足を運びます。警察にも、何度も何度も、個人情報が悪用され、嫌がらせストーカーを受けていると相談に行っておりました。当時は、公団の管理人によるストーカーだろうと考えておりましたので、公団を出ればすべて終わるだろうと思い、民間アパートにに転居して様子を見ることにしました。
そのとき、住民票を移すと、住民票の記載から又、追いかけられる心配をして、住所は会社に移し、転居先をわからないようにしました。

当時の隣室は706か704になります。私は、角部屋でしたので、壁を接している方の部屋の方になります。男女で住んでおられました。この方達から事情を聞くことが出来れば誰が、何の目的で、一体どういうデマを吹き込みにくるのかを調べることが出来ます。

⑤東京都中野区野方  
住定日 平成15年11月頃
ここに3月程おりましたが、何も起こらなかったので、ああ、やっぱり公団の管理人によるストーカーだと納得し、足取りをつかまれて、又、追い掛け回されたらかなわないと考え、念のため、もう一度、民間アパートへ転居することになります。

⑥東京都新宿区西落合2丁目      401号室(正確な住所は調べて後日公開します)
住定日 平成16年3月中頃

集団ストーカーに晒されていると認識した初めての場所です。

半月位は、何も起こらなかったので、やはり公団の管理人の仕業だった、もう大丈夫だと思った矢先、斜め向かいの家屋の方が、突然、玄関扉をガタガタさせる、あの公団でやられていたのと同一のいやがらせ行為を始めるのに気づきます。そして、一体誰に何を吹き込まれるのか、周辺住民の私を見る目つきの異変に。又、ひっきりなしに、救急車、消防車、パトカーがサイレンを鳴らして通過していくのに気づきます。これは、おかしい。このときはじめて、私は、これは、公団の管理人の仕業なんかなのではなく、近隣住民が誰かに何かを吹き込まれている、そして、近隣住民がそのデマを信じて疑わない様子から、国家権力(警察)の仕業であると当時は判断しました。(今は違う認識を持っています)。
当然、猛烈に、警察(戸塚警察)に何度も抗議に行きましたが、警察はデマの吹聴などしないし、隣人に嫌がらせの指導などしない、と追い返されました。
恐らく、警察主導の防犯ネットワークを悪用していたのでしょう。

それから、このマンションは、新築だったのですが、私が多分一番最初に入ったと思います。
確か5月前後だったでしょうか。私の階下の部屋に入ってきた人が、夜中、ドタドタと走り回って、眠れない日が続いていたのを思い出しました。総個数で30位のマンションだったと思うのですが、まだ、空いている部屋、もっと良い部屋があったにもかかわらず、なぜか私の階下に入ってきたこの住人を、当時、非常に不可解に思っていました。今、考えてみると、工作員だったのでしょう。○○信者だったのでしょうか。

又、バイクもしくは自転車での通勤時においては、私の身体すれすれを在○末端工作員が車を走らせる危険な嫌がらせをされるに至ります。

ここに住んでいた時のマンションは、最上階がマンションオーナーです。私の住んでいる部屋は、隣室には接しておりませんでしたので、隣室からの嫌がらせは受けることはありませんでしたが、斜め向かいの建物の住民の方が、公団で受けたのと同じ嫌がらせの玄関扉をしきりにガタガタとさせておりました。マンションオーナー並びに近隣住民に事情を聞ければ私がどのような風評に晒されていたか調べることが出来ます。

⑦東京都練馬区栄町8-6
ウイークリーマンション東京(江古田)
住定日 平成16年12月頃から2ケ月

ここでも、しばらくして、受け付けの女性の私を見る目つきの異変に気づきます。又、わざわざ、受け付けの扉を用も無いのにガタガタさせる嫌がらせ行為を男性社員からされます。誰かが、私を追いかけてきて、その居住家屋周辺にデマの吹聴をやりにくるということになっているのですが、これを吹き込まれた人達が疑わない様子から、やはり、警察権力がかかわっていると当時は判断しておりました。居住家屋に限らず、周辺コンビに、スーパーなどにも、恐らく顔写真を持ち歩き、この人物が来たならば、こういう嫌がらせをするようと指導もして回る行為も始めたようでした。
当時働いていた、従業員の方から事情を聴取することにより、私が、ここに越してから後誰が何を吹聴しにきたのかを調べることが出来ます。


⑧東京都渋谷区代々木3-8-2ウィンベルマンスリー代々木
住定日 平成17年2月頃から2ケ月
ここでも、1月位経ったころでしょうか。隣室の男性が玄関扉をガタガタさせる嫌がらせ
を始めます。そして、管理人の男性の方も誰かに何かを吹き込まれて、不信な目を私に向け始めるのに気づきます。ここの管理人の男性に事情を聞くことにより、当時の私についてのデマを誰から吹き込まれるのかを調べることが出来ます。ここに住んでいる時は、とにかく、威嚇ヘリが凄かった記憶があります。連日連夜、かなりの低空で飛び回っておりました。


⑨杉並区のウイークリーマンション(正確な住所は調べて後日公開します)
住定日 平成17年4月頃から2週間
当時の、清掃婦が、しばらくして、誰かに、何かを吹き込まれたようで、不信な目を私に向けるようになります。当時、このマンションで働かれていた、50前後の清掃婦から事情を聴取することにより、デマの出所を調べることが出来ます。


⑩西新宿のマンスリーマンション(青山メインランド)十二社通沿い 
住定日 平成17年4月半ばから7月29日まで
ここではあまり、嫌がらせをされたという記憶は残っておりません。ただ、マンション内で、不審火騒動があり、居住マンションのベルが鳴ったことから、しばらくして、はしご車が来て2時間位なにやらやっておりました。マンション内の住民は全員外に出てくださいという放送がありましたので、2時間ほど、外で待機しておりました。その時は、特に何も思わなかったのですが、今になって考えると、やはりこれも加害組織による工作だったのでしょう。次に住むことになるマンションでも同様のことが起こりました。

⑪新宿区西新宿4丁目5-10-1405
住定日 平成17年7月30日~
ここでも、しばらくして、隣室の方ではないのですが、14階のエレベーターを出て、エレベーターを背にしてすぐ右手前のマンション住人(25前後の女性)(1407号室)が、出勤時、私がエレベーター前で待機していると、それにタイミングを合わせるかのように出てきて、玄関扉をガタガタさせる嫌がらせをし、すぐ同じエレベーターに乗り込んで来られました。恐らく同じエレベーターに乗るつもりはなかったものと思われます。しまったという顔をされておりました。彼女の終始俯いている様子から明らかに嫌がらせをしているという認識をもっていたものと判断しております。私の動きは24時間体制で加害組織に監視されております。いつどこにいるかもピンポイントでわかるようになっておりますので、そのタイミングで彼女の携帯に連絡が入り、指示が行くものと判断しております。

又、階下に工作員がしばらくして入り込んだようで、緊急車両等が通過すると、壁をドンドンと叩きながら、気違いのように何かをわめき散らしたり、トイレや、風呂に入れば、同じようにトイレや風呂に入り、壁を叩いて、「見えているぞ」とほのめかす行為を始めております。夜中でも関係なく大音量でクラシックのような音楽(ワンフレーズだけなので音楽とは言わないのかもしれない)を流したり、工事現場で使うようなドリルの音をさせたりしています。恐らくテレビモニターで、こちらの様子を覗いているのでしょう。盆暮れ関係なく365日一日中部屋にこもりきりです。他被害者においても、階下階上、隣室に必ず組織の人間が入り込むようです。壊れている人間を使うのか、覗きのようなことをしているので、壊れていくのかわかりませんが、普通の感覚からは理解できないような人間が覗き要員として配置されるようです。

翌年の18年1月から電磁波照射されるに至ります。

⑫新宿区上落合2-25-24-302






  1. 2007/12/02(日) 14:57:07|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。