集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ある国家試験のこと

10年以上挑戦したがとうとう受からなかった。
その間は、集団ストーカーのターゲットとされていた期間だった。

受けていた期間の前日は一度も眠れなかった。
当時は、緊張からだろうくらいに思っていた。

電磁波にて、眠らせることも、眠らせないことも出来る。
私は薬などに敏感で、睡眠薬などは、ちょっと舐めたがけでも効いてしまうくらい。

勝負をかけた試験の前日に思い切って1錠の睡眠薬を飲んだ。
が、眠れなかったので、又、一錠飲んだ。
が、眠れなかった。
私の体質から考えて考えられないことだった。

案の定翌日は、頭が朦朧としていて試験どころではなかった。
このときほど落ち込んだことは無かった。

前年が、わずか2点差で落ちていたからだった(択一の一問が3点です)。
その前年も僅差で、2年続けて僅かの差で落ちていた。
(一番受かりやすい時期だったと思う)

当時は、集団ストーカーのターゲットにされているなどとは夢思わなかった。
ただ、なぜか試験日近くになると邪魔が入るということだけは気付いていた。
これは、毎年のことであり不思議に思っていた。

集団ストーカーのターゲットにされたと強制的に気づかされてしばらくして
電磁波照射が始まった。

でも、私は、諦めなかった。

勉強している時は、眼球を狙って、電磁波照射をしてくる。
痛くて目が開けられなかった。

集中させまいと、コンクリートの壁を「バチン、バチン」と内側から鳴らしてくる。
それでも諦めずに勉強していた。

音声送信も始まった。
音源の無いところから、いきなり自分の脳に人の声が聞こえてきた。
びっくりした。
それでも、諦めなかった。

試験日近くになってくると、電磁波の出力を上げて、今まで以上に眼球目掛けて照射してきた。
痛くて目が開けられなかった。
それでも、ここが勝負だと勉強し続けた。

前日はやはり眠らせてもらえなかった。

が、諦めずに試験を受けた。

試験中は、集中して全力を尽くした。
試験終盤興が乗ってきたところで、両斜め後の座席の人間2人が、用も無くボールペンのノックを「カシャカシャ、カチッ、カチッ」とボールペン工作を始めた。
ああ、又か。

予め仕込まれていたのだろう。
(以前にも後部座席の人間に試験中、背もたれを蹴りつづけられたことがある)
法務省の中にも、組織の人間がいるのだ。

それと合わせて集中させまいと音声送信も始まった。


この年も、4点差で落ちた。


山は越えられなかった。

違う景色を覗くことはできなかった。

見えない存在は、それでも諦めなかった。
「山は越えなければならない」と言うのだ。

「この環境で、いったいどうやればいいんだ!!」 私は混乱した。

私は、諦めてしまった。


しばらくして、見えない存在から、「あなたはよくやった」と言われた。



平成21年12月7日一部追加記載





  1. 2007/11/17(土) 13:24:10|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。