集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生活安全条例に基づく警察主導の防犯ネットワーク活動の悪用(2)

Yahooニュースの防犯ネットワークの悪用という記事内容において「集団ストーカー」という言葉が使われている。「集団ストーカー」犯罪の認知が進んでいるのを感じる。

防犯ネットワークの悪用


生活安全条例に基づく警察主導の防犯ネットワーク活動の悪用例として一番一般の方にわかりやすいと思うのが、愛犬家「わんわんパトロール隊」を悪用したハラスメントがあげられると思いますので、過去の私の記事を最後に引用しておきます。

犬の鳴き声を気にするよう、初期の頃に嫌がらせとして条件付けさせるために、大々的集中的に犬の鳴き声を気にするよう仕向けてきます。そして、嫌がらせアンカリングとしてターゲットに条件付けさせた後は、いつからか、鳴き犬を飼う家族が、職場、自宅双方に現れます。タイミングを合わせるかのように、ターゲットの出勤時、帰宅時に偶然を装って、犬の散歩と称して、ターゲットと遭遇するようにしてきます。

この愛犬家家族は、誰かから、ターゲットに対する、悪評を吹き込まれ、防犯目的で、ターゲットと遭遇するよう依頼されているのではないでしょうか。ターゲットは、24時間体制の監視下に置かれています。いつどこに居るか、これからどこに行くかなど、ピンポイントで加害組織に把握されていますから、この愛犬家家族に対し、携帯電話一本で、どこそこの道へ犬を散歩させるよう、指示が行くのだろうと推測しております。そして、タイミングよくターゲットに遭遇する。

そのターゲットは、このようなハラスメントのみならず、電磁波兵器にて電磁波攻撃も受けております。

気付いてください。あなた方は、集団ストーカー加害組織に利用されているだけなのだということを。

こちらを是非お読みください。
生活安全条例がどのようなものなのか、どのように悪用されているのか,理解できます。
http://antigangstalking.join-us.jp/HtmlReport/AGSASReport09.htm



以下、過去の私の記事の引用

愛犬家「わんわんパトロール隊」を悪用したハラスメント

車のバック音と共に、犬のなき声をアンカリングとして、定着させるために初期の頃、こんなことがあった。会社の裏が、新宿法務局駐車場となっているのだが、ここに一匹の犬をつなぎっ放しだったのだろうか?これが、よく吼える犬で、半日、「キャンキャン」と買主を呼んで?吼えるのが連日続いていた。

もしかしたら、犬は、存在せず、どこからか、スピーカーにて犬のなき声を流していたのかもしれない。むしろその可能性の方が高い。

バイクにての帰り道でも、犬はいないのに、「キャンキャン」と黒塗りのワンボックスカーから聞こえてきたし、こちらは、スピーカーから流していたのだと思う。

そして、嫌がらせアンカリングとして、私に定着させた後、自宅、職場、双方で、うるさい鳴き犬を飼う、工作員家族がときどき犬を鳴かせている。私以外の近所の人にとっては、いい迷惑だろうと思う。

職場では、偶然を装って、私に遭遇してくる(恐らく携帯に連絡が入るのだろう)、鳴き犬を飼っている家族がいる。自分で鳴かせているにもかかわらず、「うるさい!黙れ!」と犬を叱っているおばさん、と言えば、近所に住んでいる人はわかるかもしれない。

最近は、このおばちゃんを見ることが無くなって、替わりに違う家族が、犬の散歩と称して、
タイミングよく私に遭遇してくる。恐らく、今、対象が帰宅するから、犬を連れて、対象と遭遇するよう、携帯に連絡が入るものと思われる。

近所に住んでいる人間であれば、警察主導の防犯ネットワーク(わんわんパトロール隊)の悪用だろうが、わざわざ、私のために、こういう家族を配置したとしてならば、カルト信者の可能性もある。


被害者の方は再生しないで下さいね。

防犯ネットワーク活動(警察官友の会、わんわんパトロール隊、りんりんパトロール隊etc)に参加している一般の方は、この映像をどのように捉えますか?

他の被害者サイトから



知らずに、「集団ストーカー」犯罪に加担させられていませんか?

引用元
防犯ネットワークの悪用






  1. 2007/11/16(金) 17:46:06|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。