集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

信号機を次々と赤に変えられる嫌がらせ

平成18年11月15日

午前9時20分頃。

最近は、同一人物(ニット帽子に黒目がね。身長160センチ位、朝○顔、色黒)によるストーカーを受けている。
今日も、目の前の工事中の早川ビルのわき道から、事務所の中を覗いていた。同じ人物を使って、偶然を装って私の目の前に現せて気味悪がらせる工作なのだろう。一度写真に収めようと思う。

7時半過ぎ、サンクスの前の交差点で、信号待ちをしていたら、慌てて自転車でやってきて、息を弾ませながら、私の方に顔を向け「にっ」と笑った。自分の姿を日に何度も目の前に現せて不気味がらせる作戦のようだ。
私の位置は、衛星からの電磁波によって特定できているが、こういう末端の工作員までも、位置特定できるのは、どういう仕組みになっているのだろうか。

それから何日か後のことだが、バイクにて走行中、短い間隔の信号機が次々と赤に変わってしまい、たかだか、100メートルくらいの距離を移動するのに数分を要した。

最後の信号で、例のニット帽子に黒目がねの男が自転車上で、息を弾ませながら、「にっ」とこちらに顔を向けて笑った。

なるほど、この男を私の目に触れされがたいがために、信号機を次々と赤に変えたわけか。

そうしなければ彼が到着するまでに私が立ち去ってしまいますからね。信号機を赤に切り替えることができるのは、公安でしょう。この中にも組織の人間が入り込んでいるのでしょうね。何とも酔狂なことをするものである。


  1. 2007/08/29(水) 14:34:28|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。