集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

アンカリング要員

最近は、暗くなるのが早くなりましたので、自宅へ帰るのは、日が落ちてからです。
ですから、私のために待ち伏せしているアンカリング要員も、待機はしているのでしょうが、仕事なしですね。

今日は、明るい内に家に帰りました。すると、ぞくぞくとアンカリング要員が現れ、まず、後ろを向いたまま、私の通り過ぎるのに合わせ、腕時計を見るしぐさをする男、何のことはありません。彼は、後ろに目があるわけではなく、前で合図をする人間の合図を待って、それに合わせて、腕時計を見るしぐさをするアンカリングをしたわけです。彼の目線は、腕時計にはなく、真正面、つまり彼に、合図を送る人間に向いてましたから。二人一組でのアンカリングです。

その他、いつも見る顔ぶれなんですよね。服装は変えているだけで、同じ人間が私の通勤路に待機してるのでしょう。大々的にアンカリングをしたいときは、いつも待機している人間に加え、探偵を雇ってやらせてるのでしょうか。又、いつも同じ道で帰宅するわけではありませんので、他の道にもアンカリング要員を待機させております。とすると、私一人のターゲットに対して、どれだけの、人間がアンカリング要員として、待機しているのでしょうか。突然の用事で外出するときにも、しっかりアンカリング要員が現れますから、彼らは、24時間体制で、待機していることになるのでしょうね。

私の通勤路は、朝は、方南通りを新宿方面に行き、十二社通りを左折、突き当たりを右折し青梅街道に出て、すぐ左折して、税務署通りを通って、小滝橋通りを左折して、新宿法務局へ、
帰りは、新宿法務局から、尾滝橋通りを新宿駅に向かって行って、右折して青梅街道に入り、左折して副都心12号線に入り、右折して方南通りに入り、自宅へ到着という短い通勤路。

朝は、9時前後、夕方は、5時前後、救急車、パトカー、消防車等の緊急車両の他、ヘリコプター、爆音バイクが頻繁に通るのが確認できると思います。

又、対象の通過するのに合わせて、次のような、行為をするアンカリング要員も確認できると思います。
1.腕時計を見るしぐさ
2.左目を隠す(押えるしぐさ)、左目の眼帯
3.敬礼ポーズ
4.車のバック音(ピッピッピッ バックします、ご注意ください。ピッピッピッ・・・・)
5.車の左折する際の音声(パラパラパラン~左へ曲がります。繰り返し)

ターゲットである私の画像を見せられ、私が通過するのに合わせて、上記のような、おかしの行為をするよう頼まれたことなどありませんでしょうか?それは、加害組織からの加害行為へのお誘いです。

又、ターゲットである私のことばを奪うため、私へのデマも同時に流されていることでしょう。
あれは、頭がおかしい、精神病患者等々。






  1. 2007/10/02(火) 23:27:53|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。