集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

事件というのは。。。

昨晩から明け方まで、就寝中、左頭及び左眼に強烈な電磁波を照射され続けていた。殺してもかまわないという強烈なものだった。

○ティ○ワー新宿新都心というマンションが私の住むマンションのすぐそばに建っているが、そのマンションの一室が加害組織のアジトとなり、そこからわたし目掛けて電磁波照射しているのだろうか。


(本文)

この組織的犯罪の被害者になってテレビ報道を見ながら思うのは、事件というのは、そのほとんどが、自然発生的に起こるのではなくて、起こされるているのではなかろうかということ。

彼らは、数十年にも渡ってターゲットを追いかける。

我々はこの犯罪の被害者であると強制的に気付かされた。
が、この犯罪に気付かされる前の段階の被害者は、用心も無く、犯罪の加害者に仕立て上げられているのではなかろうか。
微細の交通事故さえも。

それをフォローするマスゴミという存在も用意されている。

一般の方はマスゴミ報道をくれぐれも鵜呑みにしないでください。

猟奇的犯罪や、奇怪な事件の犯人というのは、
実は組織的犯罪(集団ストーカー)の被害者だったりするのではなかろうか。




  1. 2007/09/30(日) 14:11:14|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。