集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

静岡にて

平成18年11月13日

静岡にて取引。奥○氏ら数名のプローカーと新幹線で静岡に向かう。静岡駅にて下車すると同時に警察官も下車、わざと私の目に入るよう、どこからか乗せて、同時に下車させた模様。

数メートル先を改札に向かって歩いて行った。奥○氏ら数人のプローカーは、何だろうと不思議がっていたが、私には、威嚇させるために、私の目に触れされたのだとわかっている。いつものことだからだ。

静岡駅にてはアンカリングのオンパレードだった。腕時計をすれ違いざま、見るしぐさする探偵あり、左眼を押さえるしぐさをすれ違いざまするカルト信者あり、どのくらいの工作員を動員したのだろうか。

取引は、静岡駅の中の、料理店で行われた。例によって、すぐ組織に属する警察上層部より連絡が行ったようで、女将の様子が、途中からおかしくなったのに気づいた。この件も後々検証してみようと思う。

どういう連絡が誰から入るのか、確かめてみることにする。

帰りの新幹線では、すぐ後ろの席に障害者が座って背もたれをどんどん、わけのわからないことを口走りながら、東京駅まで叩いていた。隣の母親は、見てみぬふりをしているところを見ると、これも工作員に間違いない。

職場に戻り、しばらくすると、目の前を障害者が、わけのわからないことをしゃべりながら、歩き過ぎていった。

自宅にて午後6時30頃、インターホンが鳴ったので、確認してみると、インターホンに障害者が写っており、何かわけのわからないことを口走っていた。

どうやら、加害組織は、障害者も工作員として使うようだ。


  1. 2007/08/29(水) 14:33:31|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。