集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

車のバック音

私は、通勤等短い距離ながら原付バイクで移動するので、車、バイクを使ったいやがらせをよくされます。その中でも典型的なのが、車のバック音です。

これをいやがらせアンカリングとして私に刷り込ませるための工作として、初期の頃こんなことがありました。

新宿から、中野にバイクで早稲田通りを移動中、中野消防署東中野出張所で、消防署員50人くらいいたでしょうか。一台の消防車を「オーライ、オーライ」と総勢でバックさせてました。消防署の車庫に入れるだけでしたので、一般の通行人への危険ということも無かった状況でした。

想像してみてください。一台の車のバックさせるのに、普通は、せいぜい多くても、2,3人ですよね。
それを2トントラックより多少大きいくらいの消防車を50人前後の人を使って、それぞれが、「オーライ、オーライ」と声を上げながら、一台の車をバックさせている。
奇妙だと感じるはずです。

中野消防署 東中野出張所
http://www.nakanoku-town.com/map/nk003051


今、こういう男(この男は、「前科者、危険人物、テロの危険がある」などのデマを吹き込んだ上で)
が通過するから、署員全員で消防車をバックさせてくれ、とでも、加害組織に属する警察上層部から連絡があったのでしょう。私に、嫌がらせアンカリングとして、刷り込むために。

それから、こんなこともありました。会社の目の前が、駐車場となってるのですが、この駐車場は、会社に用のある客しか使えません、と張り紙してあるにもかかわらず、某運送会社の新人社員だったのでしょうか?数名が、2トントラックのバックの練習を「オーライ、オーライ」と掛け声を上げながら、延々1時間以上練習してました。


又、睡眠中、私が、途中目を覚ますと、自宅マンション下で待機している、組織の連中が、深夜にもかかわらず、「オーライ、オーライ」とバック音を響かせながら、時々数名でやってます。

私が起きてるか、寝ているかというのは、電磁波は常に照射されてますから、脳波等でわかるようです。

こうして、いやがらせアンカリングとして刷り込んだ後は、職場、自宅で、「ピッ、ピッ、ピッ・・・・・・」というバック音を工作員を使って時々響かせてます。

職場近隣の方、注意して観察してみてください。車のバック音。
それから、「~左に曲がります」などの車から流れてくるスピーカー音に。

又、ゴミ置き場が、私の職場前に移動されたのをご存知ですか?
ゴミの収集の度に、「車のバック音」「~左に曲がります」を私に聞かせるためにわざわざ、
職場前に移動したわけです。
考えてみてください。以前あったゴミ置き場の場所の方が、他の車の往来にも邪魔にならず、通行人への危険も無い、絶好の場所だったはずです。それをわざわざ、他の車の往来の邪魔にもなり、通行人への危険もある場所に移したという事実を。

新宿法務局を右折して、職場から自宅へ帰る途中、タイミングを合わせるかのように、新宿法務局のはす向かいにあるヤ○ト運輸の工作員がトラックをバックさせながら、「ピッ、ピッ、ピッ・・・・・・」と車のバック音をよく聞かせてきます。

このあたりも、ゆくゆくは、調べてみようと思います。特に中野消防署東中野出張所の消防署員より加害組織に属する警察上層部からこういうくだらない命令をされたという証言が出てくれば良いのですが・・・。

  1. 2007/09/01(土) 16:45:06|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。