集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハッカー攻撃防げ、フィアット・クライスラーがリコール

[24日 ロイター] - 欧米自動車連合フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)<FCHA.MI><FCAU.N>は24日、米国で約140万台をリコール(無償回収・修理)すると発表した。ハッカー攻撃を予防するため、車両に搭載された無線通信ソフトウェアを更新する。

最近実施されたサイバーセキュリティ専門家の実験で、ネットを使い走行中の車両のエンジンを停止させることが可能であることが明らかになったことを受け、ネット接続機能を備えた車両の安全性をめぐり懸念が高まっている。

専門家らは、高速道路を走行中のフィアット・クライスラー車両のテレマティクス(自動車のコンピューターと無線通信を組み合わせたカーナビなどのサービス)にハッカー攻撃を加え、エンジンやステアリング、ブレーキを遠隔操作したという。

リコールの対象となるのは、2014、15年モデルのジープのスポーツ多目的車(SUV)の「ジープ・チェロキー」や「ジープ・グランドチェロキー」、2015年モデルのダッジのスポーツクーペ「チャレンジャー」など。

フィアットは今回の問題に絡み、けがなどの報告は受けていないとしている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150725-00000009-reut-bus_all
  1. 2015/07/25(土) 14:36:30|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
<<佐野千遙様もあちら側の人? | ホーム | 走行中のJeepを乗っ取り操作、セキュリティ研究者が実証実験>>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。