集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

集団ストーカーからの脱出

平成19年1月17日(水)

あまりにもイタズラ電話が多いのと、そのほとんどが、番号表示されない電話からなので、
番号表示されない電話に出ないようにしていたら、今度は、番号表示(03-4475-8999)される番号にてイタズラ電話を繰り返すようになってきた。この番号にかけたら、ファックス送信定集サービスダイアルというところにかかった。もちろんいたずら電話をかけてくる本人がかけてくるわけではなく、替わってかける会社のようだった。録音音声にて聞かされた。ああすれば、こうするといういたちごっこのようである。

(本文)

加害組織の加害については、現時点ではどうにもならない。逃げ道を仮に見付けたとしても、その上手を必ず行ってくる。結局はいたちごっこになってしまう。
電磁波照射についてもしかり。(科学力ではとうてい太刀打ちできない)。

横へ逃げたところで、駄目だと思った。
脱出方向が仮にあるとしてら上(超越)しかないのではなかろうかと思った。

加害方法も、とにかく、人間脳(大脳新皮質)を狙って、気にさせる、悩まさせる、ということをしてくる。
たとえば、人間以外の動物に同様の攻撃を仕掛けたところで通用しないだろう。
なぜなら、彼らには、人間脳(大脳新皮質)が無いのだから。
(アンカリング、付きまとい、ほのめかし、など想像してもらえばわかるかと思う)

とするなら、必要な時意外は、極力、人間脳(大脳新皮質)を使わないことだ。
それ以外は、動物脳だけで、生活する。
何やら、悟りの境地、と似ているではないか。
やはり、脱出方向があるとしたら、上(超越)だと思った。
  1. 2007/08/29(水) 14:47:00|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。