集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

仙波敏郎という男



1時間もするとメガネのレンズの内側に溶剤がビッシリ付着します。
手で触れると油のように広がります。又ティッシュで拭いてもなかなか落ちません。
私は24時間毎日集団ストーカー加害組織による科学力(テクノロジー犯罪)を受けています。


(本文)

阿久根市長の竹原信一という男と、仙波敏郎という男の結びつきに、神の配剤の妙を感じざるを得ない。

長いものに決して巻かれない男意気
間違っていることは間違っていると相手がどんな権力者であろうと主張していく勇気
そして、それをたった一人でやろうとする潔さ

時代を超えタイムスリップしてこの閉塞感漂う平成の世に現れてしまった異質な人達

たぶんこのお二人は、日々闇組織と対峙せざるを得ない我々集団ストーカー被害者と同じものが見えてしまった。
この国の闇が見えてしまった。
そして絶望的な気持ちでこの国の行く末を眺めている。


以下ウィキペディアからの引用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%99%E6%B3%A2%E6%95%8F%E9%83%8E

警察の裏金問題を実名で内部告発するまでに身辺で起こった出来事

1995年11月、消防吏員だった長男が勤務先署長を刺殺し逮捕。
責任を取るため妻と心中を決意
するが、次男の涙ながらの説得により思いとどまり警察官の職を継続。

検察側は、上司からの度重なる注意を根に持っての逆恨みによる計画的殺人であると主張。いっぽう長男は「署長が自分を消防署屋上に呼び出し包丁を手に辞職を迫ってきた。その包丁を取り上げようとして揉み合いになり混乱の中で刺してしまった」と主張した。長男は1995年1月、所定の年次休暇を利用してモーターショーに出かけたことを知った上司から訓練中に暴行を受け全治1週間の怪我を負った。仙波の働きかけもありこの件について消防署側は非を認め謝罪したが、長男は前回の異動からわずか6カ月後の同年4月に異動させられ、異動後すぐ特別指導の対象者に指定された。裁判では検察側の主張が全面的に認められ一審で懲役12年の判決が下り、控訴・上告ともに棄却され刑が確定した

その後執拗な嫌がらせが続き突発性難聴で入院する。

大量の花や寿司が届けられる、架空の結婚式を予約されキャンセル料を請求される、「人殺し」と叫ばれ窓ガラスが割られる、飼い犬が石を投げつけられ殺される、車を壊される、自宅や職場に誹謗中傷の電話がひっきりなしにかかってくるなど。また親戚と疎遠になり、京都の大学に在学中だった次男は家庭教師のアルバイトをすべてクビになった。

2001年、妻が肝臓がんで闘病の末亡くなる。翌月、仙波も転倒して意識不明となり入院。

2003年、脳梗塞で入院。

2005年1月7日、オンブズえひめの弁護士8人に裏金問題を解説。告発会見を要請され一旦承諾。

1月13日以降、上司から告発をしないよう説得を受ける。またこの日から尾行がついたという。
尾行にはNシステムやセコムが開発したGPS発信装置が利用されている可能性が高いという。郵便物が持ち去られたこともあり、電話や電子メールが傍受されている可能性も高いという。仙波の告発後、愛媛県警は通信傍受技術に精通したNTT職員を警察官として採用し、高額の通信傍受用機器を納入している。犯罪捜査のための通信傍受に関する法律も参照。

1月20日、裏金問題を実名を名乗って告発。記者会見終了1時間後、県警が拳銃を没収する

                                                                    引用ここまで

これ以降は、大きな嫌がらせ等は止んでいる。

仙波さんを調べていて、この方は、裏金問題を引き金にして、組織的犯罪(集団ストーカー)のターゲットにされたのではなかろうかと感じる。

孤立化させる→署内では、仙波さんを無視するよう徹底されていた。
長男の事件をきっかけに自殺へと導かれる→精神的に追い詰めるために計画的に謀られた事件では?
奥さんがお亡くなりになった事。仙波さん自身の病気→科学力(テクノロジー犯罪)は無関係だろうか?
誤配→組織的犯罪の中の典型的嫌がらせの内の一つ
いたずら電話→組織的犯罪の中の典型的嫌がらせの内の一つ
郵便物の抜き取り→組織的犯罪の中の典型的嫌がらせの内の一つ
つきまとい→組織的犯罪の中の典型的嫌がらせの内の一つ
盗聴、盗撮→組織的犯罪の中の典型的嫌がらせの内の一つ
次男は家庭教師のアルバイトをすべてクビになった→風評を利用した精神工作

組織的犯罪(集団ストーカー)被害者であれば、上記出来事を系列的に読んでピンとくるものがある。

身辺で起こる出来事が、まさに組織的犯罪(集団ストーカー)そのものだと思うから。

この組織的犯罪(集団ストーカー)のきっかけも被害者によりさまざまだ。
某宗教団体と揉めてそれから不信な出来事が始まる人がいれば、リストラ目的のためにターゲットにされてしまった人もいる。
仙波さんのようなケースもあるのだろう。

仙波さんの場合は、恐らく組織的犯罪(集団ストーカー)のターゲットにされていたように思うが、本人は気づかず、それをうまーくかわしながら(正しくはかわしてもらいながら)生き抜いた。

親睦団体の立ち上げ(孤立からの脱却)
裏金問題を実名を名乗って告発(目立つ存在になって手を出しにくい存在になってしまった)

これ以降嫌がらせ等が止んでいるように思えるところを見ると、この行為が
組織的犯罪(集団ストーカー)から抜け出したきっかけと思える。

本人は、組織的犯罪(集団ストーカー)のターゲットにされていたことに気づかなければ、
そこから抜け出たことにも気づいていない。

そんなケースも、仙波さんの他にもあるのかもしれない。
これはやっかい(権力へのコネが出来てしまった。公になって目立つ存在になって手を出しにくい存在になってしまった。)だと加害側が判断すれば、本格的に始める前にターゲットから外されてしまうこともあるのかもしれない。

我々集団ストーカー被害者が仙波さんの行動を見て学ぶことは大きい。

組織側としては、孤立させて、目立たない中で、始末したい。
これは、組織的犯罪加害連中の被害者に対する着地点だろうと思うから。




人気ブログランキングへ






  1. 2010/08/26(木) 18:30:26|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。