集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ピストルやナイフが凶器であると思っている時代は終わっています。

夜間就寝中の電磁波照射によって、朝起きるといつも目がウサギの目にように真っ赤に充血させられています。

起きている時も、眼球の前で炭酸がはじけているような電磁波照射をされています。

長期間の電磁波照射により白目の部分は血管が浮き出るようにされてしまいました。
赤~く、ただれたような目にされてしまいました。

恐らく瞼の裏も赤くただれているのでしょう。光がとても眩しく感じます。

チラッとみただけでしたが、つい先日、私と同じようにいつも充血させられている目に、病によって、なってしまった人についての番組が報じられていました。

例によって、誰でも、患ってもおかしくない眼病ですよ、とマスゴミを使って印象操作しているのじゃなかろうかと思いました。

今や、病気も、科学力(テクノロジー犯罪)によって作り出せる時代です。

先日、テクノロジー犯罪被害ネットワークの会員さんが、若くして脳梗塞によってお亡くなりになられたことを他の被害者さんのブログから知りました。

私も、目の他に頭にも、強い電磁波照射をされています。
人事ではないと思いました。

いつまでも、ピストルやナイフが凶器であると思っている時代は終わっています。

近年の科学のめざましい進歩を考えれば、そして、普通の想像力さえあれば、
荒唐無稽な話でないことは、余程アンテナの悪い人でない限り推測できるはずです。

恐らく、パナウェーブの時のように、電磁波犯罪を訴える人間を全て精神的におかしい人というふうに
テレビ、ネットジャーナリストを使って印象操作してくることは想像に難くありません。

マスゴミ、ネットジャーナリストの隠蔽操作、印象操作に騙されず真実を見抜く目を持って下さい!




参考

「四つの目で世の中を考える」から引用

電磁ハラスメントを信じない人へ!~文部科学省主管法人の公式報告書

2007.05.18 Friday  [カテゴリ:メディアの目]

電磁ハラスメントを信じない人へ!~文部科学省主管法人の公式報告書

国内はもとより、世界中に多勢、深刻な被害(攻撃)を受けてる人たちが居て、ネット上でもたくさんのそういった被害者の人たちがブログで現実を訴えています。

当ブログでも、旧ブログの時から一環してそのことをみんなに伝えてきてますが、大半の人たちはまるで信じず、また話を聞こうともしません。

当ブログのような小っちゃなところがいくら訴えたところで大した効果もないと思い、人気のあるブログサイトいくつか、あるいはジャーナリスト等にも取り上げてもらえないかとメール送ったりしましたが、どこもすべて無視で、返事すらもらえないありさまです(^。^;;

ところが、今日はじめて知ったんですが、なんと文部科学省文部科学省を主務官庁とする公益法人である
社団法人日本都市計画学会の公式報告書にちゃんとこういったことも書かれてるんですね!

このことをみんなが知れば、ちょっとは真剣に考えてくれるんだろうか・・・
ぜひ、多くのブロガーのみなさんに、この問題を取り上げてもらい、世間や政府に訴えていただきたいと思います!

 日本都市計画学会

「超音波を悪用した都市環境を破壊する組織犯罪」








  1. 2010/07/22(木) 18:50:00|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。