集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

無自覚の被害者は多い

職場からの帰り、自転車置き場に自転車を入れようとすると、隣のマンションに住む子供がサッカーを始めました。
その場所は自転車、歩行者が通る通路となっている場所です。
一度ぶつけられているので、親に一言文句を言ってやろうと、その子供に親を呼んできてくれ、と頼むと
その場から、「おかーさん」と呼びました。

2階(真ん中あたりの部屋)のベランダから、その子供の母親らしき人がバツの悪そうな表情をして現れました。
私は、「一度あなたの子供にボールを当てられている。この場所は、人や自転車が通る通路です。
止めさせてください」と言いました。

すると、その母親は、「私は、このマンションのオーナーの石○です。この場所は、昔公園だった。・・・・・だから構わない」
そのような趣旨のことを言われたと思います。
私は、あなたと話をしたいから、下に降りてきてくれ、と何度も言いましたが、「今忙しい」の一点張りで、2階から降りてこようとしませんでした。

「家には弁護士がいる。弁護士交えて家で話しを聞きます。」最後には、そう言われました。

階下と2階で、そんなやりとりを10分ほど、大声でしましたから、周辺の住人は、気がつかれたことでしょう。
私は、これで十分だと思いました。




それから、私のマンションに古くからいる管理人さんと、30分ほど、隣のマンションのオーナーとの件を話しました。
そして組織的犯罪(=集団ストーカー)のことを話しますと
「実は、あなたと同じことをおっしゃっている住人がいるのです。」と語り始めるではないですか。

西日本方面から東京へ出てきた方のようで
隣室の騒音が凄い、住居侵入もされる。」
とその度ごとに警察を呼んでいるらしいのです。

管理人さんは、引っ越せば、その被害も止むんじゃないのですかと勧めたそうですが
引っ越しても、ついてくる
そんなことを言われたそうです。

ああ、これは、組織的犯罪(=集団ストーカー)の被害者だ、とピンときました。
そして、その方は、組織的犯罪(=集団ストーカー)のことを知らないんじゃないのだろうかという印象を
その管理人さんとの話から、持ちました。

ネット環境があって、調べれば組織的犯罪(=集団ストーカー)のことに気づかれるかもしれません。
しかし、その環境に無い人だとしたら、自分の身に今何が起こっているかわからないんじゃないのだろうか。

被害初期の頃は、大掛かりな工作をして、被害者を自殺へと誘導することを知っている私は、
古参の管理人さんに、NPOテクノロジー犯罪のビラを10数枚ほど渡して「窓口においてもらえないでしょうか?」
と頼みました。

それは困るということでしたので、今私が話したようなことを言ってくる住人が居たならば是非このビラを渡してやって欲しい旨伝えて、古参の管理人さんにお願いしました。

又、「今私が書いているブログです」と、私のブログ名を教えて
「是非読んでみてください。今、こういう組織的犯罪が流行っています。」と伝えました。

こんな身近に私の他にも被害者らしき人が居たとは驚きました。
ただ、考えて見れば不思議ではないのかもしれません。

それほど、この組織的犯罪(=集団ストーカー)のターゲットにされている人の数は
当の本人が気が付かないだけで実は多いのかもしれません。







  1. 2010/06/09(水) 20:43:40|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。