集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

良心

自分の良心が教師です
2010-05-15 11:06:21 | Weblog

日常生活において「生かして頂いて ありがとう御座位ます」と言う、生への原点を見つめる視点を持ちながら生活をしますと、心の浄化が始まります。
さらに、自分が世に生まれる道を付けてくれた先祖たちにも、楽に居て欲しいと言う自分の思いやりからの供養行為をしていますと、その結果で自身の愛情や慈悲の心がより大きく成っていきます。
心の浄化が進み、情け心が大きく成っていきますと、アル事を思い出す現象が起こるものです。
それは、過去の自分がした過ちや、謝るべき事を思い出し始めるのです。
今まで忘れていたのに、何故か思い出し始めます。
これは非常に大切な事であり、内在神からの恩寵(おんちょう:プレゼント)だと言えます。

自分の良心に反する行為や発言は、意識では忘れていても、良心には傷として残存しています。
この傷が増えるに従って、良心(内在神)はだんだんと心の奥に隠れます。この結果、自分の運勢が弱まります。
自分の良心に反する行為を重ねる人は、不運な現象により反省を求められる事に成ります。逆に言えば、自分の良心に沿った生活をしている人は、運気が上がります。ましてや生かされている原点への感謝の思いを持っていれば、さらに運気は強化されます。

普通の人間は、人生を過ごした後の死後に、今生で自分がした事をすべて思い出すことに成ります。(バルドォ期間です)
そして、自分の良心に反した行いも、漏れ無くすべてを思い出します。肉体を失くしている分、心の思いはクリアに成り数倍に強調されますので、罪の意識があれば強く感じて大きく後悔するのです。
もちろん自分がした良い行いも思い出します。この善悪の思いを相殺して残った思いに従って、自ら進む方向を自分で選びます。
つまり、死後に自分の罪や無念を思い出したところで、違う形での修正しか出来ないのです。もう遅いのです。
だから本当は、自分の良心に反する事をしたならば、生きている間に自分なりの補修をしておいた方が断然良いのです。死後の自分の魂の在り方に影響します。

喧嘩をしたままならば、結果は別として和解への努力を自分は「した」のか?
今更また問題を再燃させる内容ならば、心中だけでも忘れずに謝っていたか?(補修する非常に有効な手段です)
返すべき借金を返したのか?返そうと努力だけでもしたのか?
などなどを、「自分の良心に対して」納得させる行為と努力をしておくことが大切なのです。
自分の良心(内在神)は、すべてを知り、公平に見ています。自分の死後に誤魔化すことは不可能です。
裁判官である閻魔大王は、死後の世界に居るのでは無く、今、あなたの心の中に共に居るのです。自分を裁くのは、自分の良心なのです。
自分の良心を、自分で納得させる生き方をしていれば、間違いはありません。

                                               

数々の罠にはめられ、今まで長く勤めていた会社自体が潰されてしまってから
伊勢白山道というブログを毎日拝見するようになり、いろいろと心に変化が生じてきました。
一番最初に気が付いたのは「生まれた時から影に隠れてじっと見守り続けていた守護霊さんの存在」でした。

そして今、
「心の浄化が進み、情け心が大きく成っていきますと、アル事を思い出す現象が起こるものです。
それは、過去の自分がした過ちや、謝るべき事を思い出し始めるのです。
今まで忘れていたのに、何故か思い出し始めます。
これは非常に大切な事であり、内在神からの恩寵(おんちょう:プレゼント)だと言えます。」

まさにこれで悩んでいます。
懺悔の日々が続いています。当時は「我良し」で悪いとも思わなかったことも
私の行動によって、どれだけの人に迷惑をかけてしまったか。
そして、守護霊さんにどれだけ後片付けの迷惑をかけてしまったことかと思うと申し訳なさで心が押し潰されそうになります。
ここ1年ほどは後悔ばかり、頭をうなだれてしまって生きています。


私は組織的犯罪(=集団ストーカー)被害者という特殊な環境に置かれていて出来ることにも限りがあります。
「先祖供養」だけでも毎朝しっかりと最後までさせていただきます。
「懺悔」の思いとともに。

又、過去の自分がした過ちや、謝るべき事の悩みと共に、最近は「迷い」も生じてきてしまっています。
果たして、こちらで良いのだろうか?
どちらに出口を求めて行くべきか?
答えが見つからず迷ってしまっています。
あちらの世界の方々の導きに従うのが良いというのはよくわかっています。
ところが、それが最近は読めません。

今の自分には全託ということがとても恐ろしく感じます。

「自分の良心に反する行為や発言は、意識では忘れていても、良心には傷として残存しています。
この傷が増えるに従って、良心(内在神)はだんだんと心の奥に隠れます。この結果、自分の運勢が弱まります。
自分の良心に反する行為を重ねる人は、不運な現象により反省を求められる事に成ります。

加害工作している人というのは、病気、事故などの不運な現象に見舞われているのではないのでしょうか。
不運な現象に遭遇するのは、ある意味「神の恩寵」かもしれません。
そこで改めれば、まだまだ生を全うできるのかもしれませんが、気づかず改めず尚突き進めば
致命的な事象に出会うことになるのだと思います。

これは、組織的犯罪(=集団ストーカー)の加害者に限りません。
テレビに出ている芸能人、解説者、ジャーナリスト
又、ネットジャーナリスト、被害者になりすましてブログを書かれている工作員の全てに当てはまることではあります。




  1. 2010/05/15(土) 15:14:25|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。