集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

私への加害計画

昭和の匂い その4 「心の目で見なされよ」

天津日継神示:アマツ・ヒツグ・シンジ

「天之日津久神社」(あまのひつくじんじゃ)に参拝後に、千葉県佐倉市の「DIC川村記念美術館」へと行きましたが、入館して最初に注意を惹きつけられたのが出口ナオさんの書でした。
そのヒラガナで大きく書かれた書を見た時、
「これは心の目で書いた」ということを感じました。
つまり、実際に視力がほとんど無い人が書いた字だと感じました。
(ウィキペディア事典の写真より引用)

どう他人から見られるかなどの外見を気にすることなく、その「心の目」で書かれた書体からは、まさに国常立太神を奥に感じ、それに繋がるスサノオ神(鬼神の現れとしての6次元)を感じました。
おそらく子供の頃からの重労働により、中年以降に白内障などで目が見えていなかったのではないか?と私は感じました。

これはナオさんが誤認逮捕されて、真っ暗な牢獄の中でも神示を書き続けたエピソードとも合います。ほとんど目が見えないのですから、明かりは関係なかったのでしょう。
教育も受ける機会が無かったために文字を知らなかった女性が、真っ暗な中でも神の言葉を書き降ろしていたのは確かです。
この御方からは、真剣・神剣の切れ味を感じます。

ナオさんの書が私に語り掛けたことは、
「心の目で生きてみなされよ」と皆さんに伝えて欲しいという思いでした。
考えて見ますと、多くの人間は「他人の目」で生きています。
親からどう見られるか? 異性や友達にどう見られたいか? 学校や会社で自分がどう見られるのか?
すべて他人からの視点で、自分を生きている人が多いと感じます。

これを自分の心の良心(内在神)からの視点に変えた人から、運命が変わると思います。
他人からの視点が正しいことは、少ないのです。
でも自分の良心(内在神)からの視点は、自分の死後の行き先も決めるほどの大切な視点なのです。
自分の良心からの視点は、自分がどう動けば良いのかを正しく教えてくれます。
この御方は、神様への真剣さということを思い起こさせてくれます。

(伊勢白山道)

1.長期の眼球への電磁波照射により中年以降に白内障にして失明させる
(佐原という同和の人間に左目に眼帯をさせて、白内障だ!失明!失明!と職場に来て騒がせたこともありましたね)
2.長期の電磁波照射により瞼の裏や鼻の付け根に腫瘍を作る⇒顔面崩壊
3.誤認逮捕させる

恐らくこんなところが当初の加害計画であろうと推測されます。

--------------------------------------------------------------

伊勢白山道のこの記事を読んで、テクノロジーを使いメガネに常時付着させられている物質は塩素なのではないのかと思った。もちろん狙っているのは私の眼球であり、その一部がメガネに付着するのだ。
目に入ると、とても滲みる。


これからは目の定期検診も大切
2016-01-17 12:10:10 | 健康アレコレ
白内障に関するニュースを調べていますと、従来では40代以降から注意の病気が、近年では年齢を問わず若者でも白内障になるケースが増えており、全体として白内障は増加中のようです。
失明することは、本当に怖いことだと思います。

明治時代は、はたして白内障は有ったのか?
どうして白内障が増えるのか?
と霊的見地から考察してみます。これは正統な医学とは関係の無い、医師では無い個人的な推測にすぎません。

まず気に成り浮かびますのが、
(1) 水道水の塩素消毒の普及です。

水道水が長い導管を滞留しながらも「腐敗せずに・ばい菌が増殖せずに」使用できるのは、塩素消毒のお陰です。
しかも、近年のような「プール」や湖水で「人食いバクテリア」のような数日で肉体を壊疽させるような菌の被害が出る夏場などは、塩素消毒は厳格にされていることでしょう。
しかし、毎日の顔の洗浄、入浴時には目に塩素水が入るものです。

* 塩素が眼球に与える影響が気になります。

ただし、目に異物が入った時は、やはり急いで水道水で洗浄したほうが良いでしょう。病院に行くまでには時間を要しますから、必要だと思います。

* 水道で目を洗浄しましても、すぐに睡眠に入らなければ、影響は少ないと思います。
* 意外に知らない人が多いのが、市販の目薬の大半は、寝る直前に目にさすのは厳禁であること。(防腐剤が添加された目薬など)
(医師の治療で、寝る前の点眼が条件の目薬は除外します)

つまり、塩素水や目薬が目に入りましても、起きていれば体液の循環、涙、により吸収されるようです。
しかし、睡眠で目のまばたきが停止しますと、目の中でその成分が「固定化・常駐」して目に悪影響をするようです。

*涙を流すことは、専用の目の洗浄液よりも、最適で無害な目の洗浄になるようです。

* つまり、目に何にも問題が無いのに、じゃぶじゃぶと眼球にシャワーを当てたり、洗顔で意識的に眼球を水道水で洗うことは注意を致しましょう。
この習慣の継続が、数十年後に及ぼす影響を考えます。
塩素があるからこそ、バイ菌から眼病を防ぐ説もありますから、ホドホドが重要のようです。

* プールで水泳する場合は、目の保護ゴーグルは必須です。これがないと、後年の目に要注意。
プールの塩素消毒は更に強くされており、雑菌も、他人の小便も存在するものです。子供の時から、このような知識の有無だけで、個人の目の運命が変わるのです。

(2)歯ブラシをする時、目を固く閉じてブラシをする必要を感じます。

メガネを着用するのも良いし、大げさですが目にゴーグルをして歯ブラシも参考にしてください。
どんな歯磨き粉も、化学合成の成分です。
歯ブラシをする様子を高感度カメラで撮影しますと、飛沫の飛散とは凄いものだと感じます。
これが「毎日」目に飛沫が入るわけです。眼球に良いはずがありません。

* だから、寝る直前に歯磨きするのは要注意。
寝る数時間前までに歯ブラシを済ませておけば、目に入った成分が緩和されます。(最短でも1時間以上は時間を開けることを参考に)

以上のことが、ここ数日強く気になっていました。
もちろん、これ以外にも
* 成人病の有無
* 肥満。血流障害。
なども目に影響するのは当然でしょう。

ところで、魚貝をとる海女さんの条件の1つが、視力が良いことだそうです。高齢者の海女さんが多数おられますから、キレイな海の海水は塩分も含めて目に悪影響は無いようです。
やはり海に潜れば多少は日々海水が目に入ることでしょう。
もしこれが、プールの塩素水ならば、どうだったのでしょうか?

以上の話はあくまでも素人の推測なので、これからは年齢に関わらず、定期的に医師の眼科検診を受けることを参考にしてください。

(伊勢白山道)
スポンサーサイト
  1. 2020/03/16(月) 09:30:54|
  2. 未分類
  3. | コメント:18
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。