集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人間の遠隔操作

人間の遠隔誘導技術

去年から不可解な飛行機事故が続いています。
今回の事故でも、いよいよパイロットの異常な行動が注視されています。
ドイツと言いますと、戦後処理の賠償金を経済の破綻で揺れるギリシャより今要求されていますね。
これとは別に、つい最近の2月にもロシアの議会がドイツに対して天文学的な戦後賠償金を請求するべきとの議決を出しています・・・・。
ロシアとギリシャは、地理的に貴重な港湾関係の利用も含めて親密だとされています・・・・。

さてここで話を変えて、未来のSFフィクションを書いて置きます。
それは「人間の遠隔誘導技術」についてです。
ロシアの神秘家・グルジェフは、ピアノの鍵盤のキーを叩くだけで、その音階に合わせて人間を自在に動かす誘導力を保持していました。どんなに本人が抵抗しても、肉体が反応するのです。

近い未来では、これが完全に技術化されています。
電磁波の特定のある周波数に、人間の脳を支配する領域が発見されます。
そして、この周波数に命令信号も同時に乗せることが可能であることが分かります。
初期の技術では、特定の支配したい人物がいるとしますと、その特殊な電磁波を受信する小さなカプセルを食品と共に呑ませるか、その人物が携帯するカバンなどに仕込みます。
これさえ出来れば、離れた国からでも遠隔で人間を完全にコントロールする技術です。
更には、携帯電話を持っている人には、カプセル無しでこの遠隔誘導が可能になります。

この技術が更に進化しますと、ある国の全体に宇宙から電磁波を照射しますと、そこの住人に戦争を起こさせることも止めさせることも可能に成ります。よその国同士を戦わせることも、侵略した国の人々を無抵抗な奴隷にすることも簡単にできるわけです。
実は、これが悪名高きヒトラーが予言した未来に「ロボット人間」の出現の意味です。
ヒトラーは、未来に「完全に自由な人間たち」と「ロボット人間の層」とに人類が二分してしまうと予告しています。
背後の牛頭魔神がヒトラーに教えた未来世界です(http://goo.gl/p5DxrM)。

この完全に自由な人々とは、年齢に関係なく内在神に目覚めた人々のことです。電磁波の拘束をスルーしてしまうのです。
自我が強い人々ほど、電磁波の拘束に催眠術のように支配されます。

以上の私の夢想話は置いておいて、4月も国際関係とテロに注意して静観を致しましょう。
特に明日からの一週間は要注意です。

(伊勢白山道)
スポンサーサイト
  1. 2015/03/27(金) 13:57:44|
  2. 未分類
  3. | コメント:1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。