集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

当たり屋

電磁波防御参考記事

生きていれば、いろいろあります。
しかし、この組織的犯罪(=集団ストーカー)に巻き込まれると
それが有為的に頻繁に起こされるようになります。

彼らは、すぐに密室に誘い込もうとしますが、
最近私は、何かされれば、すぐに警察に行く、警察を呼ぶように心がけています。
一般の人が気が付くように騒ぐことにしています。

6月24日(木)ある件で新宿警察に行ってきました。
4階の刑事課に案内されました。
用件終わって、話を聞いてくださった松村刑事さんに
今たいへん話題になっているので、ご存知だろうと思いますが、と前置きして
組織的犯罪(=集団ストーカー)のことを話しました。

その刑事さんは、
組織的犯罪(=集団ストーカー)のことも、世界同時被害訴えのことも、私の耳にはまだ入ってきていない」
ということでしたので、今こういう組織的犯罪が流行っています。
是非知ってください。他の刑事さんにも是非お渡しくださいと、NPOテクノロジー犯罪ネットワーク(広報のためのビラはこのビラしか持ち合わせていませんので)のビラを20枚程手渡してきました。


(本文)

都内でタクシーを狙った「当たり屋」被害が頻発しているそうです。
その手口とは、乗車客を装った共犯の男が、細い道へ誘導し、
当たり屋役の男が路地から飛び出して来て、タクシーに当たるという手口だそうです。

私も、この組織的犯罪(=集団ストーカー)に会うようになって、事故の誘発工作と合わせて、当たり屋工作も頻繁に受けてきました。

例えば、私は出勤する時は、ビルとビルに挟まれた見通しの悪い通路からバイクで発進するのですが、一度横断歩道を通過して道路に出るのです。

その場所に待ち構えているのです。二人一組で。
一人は、私を見える位置に立ち、もう一人の老人は、私が、横断歩道を通過するタイミングに合わせて左から右に走ってきます。
私を見える位置に立っている人間が、その老人に合図しているわけです。

仮にちょっとかすっただけだったとしても、その老人は、スッテンコロリンと転んでみせるでしょう。
そして合図している男が、第三者を装って、その老人を抱き上げて、「大丈夫ですか?」とやり、救急車でも呼ぶかもしれません。
そして私に向かって、「あんたどうするつもりだ?」とやる手口なんでしょう。

私は、この組織的犯罪(=集団ストーカー)に会うようになって、いつもブレーキレバーに指をかけて走行しているので、その手口にははまらずにすんでいますが、全く知らない一般の人であれば、簡単にはめられてしまいます。

その他、走行中に、左右確認せず、いきなり飛び出してきた在日の人もいました。
彼も闇雲に飛び出してきたわけではなく、彼に合図を送る人間がどこかに立っていたのだと思います。その合図を確認してタイミングを合わせて飛び出してきた、とこういう寸法なのでしょう。

又、いつだったか、尾滝橋通りを新宿に向かって走行中、私のバイクに向かって
時間差を置きながら10数人がワラワラと、飛び込んできた時もありました。
これは多分カルトの仕業だったんだと思います。
洗脳されているからこそできる業でもあります。
今思い出しても本当に気持ちの悪い光景でした。

バイクに限らず、自転車にても同様の工作を受けます。
今は、携帯端末が普及していますから、それで連絡を取り合っているみたいです。
実にタイミングよく飛び出してきます。

話は変わりますが、
新宿法務局の隣に在った長年勤めてきた会社が平成20年10月に潰されてしまったのですが、その会社の社長が、平成17年ごろに脳梗塞で倒れました。

そして、しばらくして杖をつきながらでも、ようよう勤務に戻れるようになってすぐの頃だったと思います。

銀行から帰ってきて、「人を怪我させたみたいだ。慰謝料払えと言われている。困った。」と頭を抱えながら、私に言うのです。

よく事情を聞いて見ると、杖を窓口の壁にもたれかけせたらしいのですが、それが、何かの拍子に倒れ、隣に立っていた女性の足に当たったらしいのです。

それで、いくら請求されたのか、聞いてびっくりしてしまいました。
治療費、入院費の請求でした。

アルミの軽い杖ですよ。そんなのが倒れて当たったとして、怪我などするものなのだろうか?ましてや、入院などする必要があるのだろうか?
当時から疑問でした。

被害者の人が若い女性だったということもあって、あまり深くは考えませんでしたが、
今思い返してみると、あれも罠だったんだろうな、と思います。

業務停止が頻発していましたから、社長はお金に困っていました。その上に脳梗塞で入院、通院を繰り返していましたから、出費は余計に重なったことでしょう。

そこへ持ってきてのこの事件でしたので、憔悴しきっていました。

社長は、「そんな法外な金額払えん!」と最初のうちは突っぱねていましてが、そのうちにその上司の男性というのが出てきて、最終的には払わざるを得ませんでした。

ターゲットはあくまでも私です。社長は間接的に狙われたにすぎません。
私の勤めていた会社が罠にはめられて潰されていった経緯を一般の方には是非知ってもらいたいです。
私のブログにその経緯を詳細に記載してあります。是非ご覧ください。

世の中には、洗脳され、悪意をもって「罠にはめる」ことを専業にしている人達がたくさん潜んでいるという事実を一般の方には是非知ってもらいたいです。

そしてその先にある組織的犯罪(=集団ストーカー)にも気が付いてください!







スポンサーサイト
  1. 2010/06/26(土) 12:00:56|
  2. 未分類

逆境からの脱出

立花大敬さんという禅を極めた方のお話です。
立花大敬さんの書籍からの引用になります。
「キツネ」というキーワードで「ほのめかし」されている組織的犯罪(=集団ストーカー)の被害者さんもいるかもしれません。
その方はお読みにならないでくださいね。


お釈迦さんのように、大修行をつんで悟りをひらいた人は、因果に落ちるようなことはない(不落因果)
と誤って答えてしまったが故に500生の間、キツネに生まれ変わって、
現在までキツネの世界に落ちこんでしまって抜けられずにいたあるキツネさんがいました。

そのキツネさんが百丈和尚という方に正しい答えを教えてくださいと所望しますと、
その和尚さんは、「決して逃れることは出来ぬ(不昧因果)」とお答えになりました。

その言葉を聞いて、そのキツネさんは、ただちに悟りをひらいて、キツネの世界から脱することができました。



落ちてしまったのはしかたないとして、キツネさんは、そのあとが悪かったのです。
そのキツネさんは、この自分のキツネの身と世界がいやでいやでしょうがないのです。
逃げ出したくてしょうがないのです。

それで、「キツネがいやだ。キツネの世界はきらいだ」といつも心の中でつぶやいているもんですから、
心さんには「キツネ・・・、キツネ・・・」という言葉がいつも聞こえて、
心さんは入ってくる言葉通りの現実を創り出すのが仕事ですから、いつまでもキツネの身と世界を転々、
再々創造してゆくことになったのです。
それでとうとう500生も経てしまったというわけです。

ところが、そんな時に、このキツネさんは百丈和尚さんに出会ったのです。
和尚さんは、「因果から逃れることはできないよ(不昧因果)」と、ハッキリキツネさんに釘をさしました。

それで、キツネさんは、キツネの身と世界から逃げ出したいという気持ちをなくしてしまったのです。
もう、キツネで結構。

未来永劫、キツネでいなくてはならないのなら、それでもいい。
もう、ここでがんばるしかないと覚悟が決まったのです。

そうしますと、もうキツネであるという思いもなくなったのです。
すっかりキツネに落ち着いてしまいましたから、キツネであるという意識もなくなってしまったのです。

そうしますと、心さんに〈キツネ〉が入力されなくなって、キツネの身と世界が再生産されなくなったのです。
キツネの身と世界の根が切れてしまって、立ち枯れしてしまったのです。
そんなわけで、このキツネ君は、キツネの身と世界から脱することができたというわけです。

面白いものですね。
脱けよう、脱けよう。巻き込まれるのはいやだと思って、あがけばあがくほど落ちることになる、巻き込まれることになる。
逆に、もう抜けようと思わない、見事に巻き込まれてやりましょうと覚悟を決めた途端、ハラリと綱がほどけるのです。
この百丈さんとキツネの話は、どのように逆境を抜け出したらいいか、そのコツを教えてくれています。






集団ストーカー/ギャングストーキング/コインテルプロ/ガスライティング/
世界同時被害の訴


私のブログを見てくださっている一般の方は是非ごらんになってください。
この組織的犯罪(=集団ストーカー)は日本だけに起こっている現象ではありません。
被害者は全世界に広がっているのです。
そしてその手口は共通です。
ワールドワイドな問題なのです。


ある被害者さんからコメントをいただきました。
最近は被害のことはほとんど書かなくなりましたので、同じ被害者さんは、あまり見てないブログだと思います。
影響力はないかと思いますが、原文のまま引用させていただきます。

※6月中に世界中の集団ストーカー被害者(他国では、ギャングストーキング、コインテルプロ、ガスライティングなどと呼称されています)が警察などへ被害報告を行う計画があります。被害者の方、是非お近くの警察までご自分で入手できた証拠またはネット得た証拠などを持ち被害報告又は相談に行って下さい。たとえ、証拠を収集出来なくても1人であったとしても多くの方が被害報告をし、1日でも早くこの被害がなくなる事を願っています。また、6月中にどうしても被害報告へ行けない方はメール・電話などで警察などに被害報告を行われるようお願い致します。

詳しくはこちらのブログをご参考にして下さい
「目に見えない危険」

メールの場合の送信先

被害の訴えの文章例




  1. 2010/06/15(火) 15:41:59|
  2. 未分類

一休が他界する直前に書いた手紙

一休が他界する直前

「この先、どうしても手に負えぬ深刻な事態が起きたら
この手紙を開けなさい。ただし、本当に最後の絶体絶命だと
全員が思う時だけだ」


と、厳しく釘を刺して、弟子達に1通の手紙を残しました。



・・・・・そして数年後



弟子達が今こそ師の知恵が必要だと思える
重大な局面が訪れました。


息を殺しながら固唾を呑んで開封して、弟子達の目に映った
手紙の言葉は、次の一言でした。




[一休が他界する直前に書いた手紙]の続きを読む
  1. 2010/06/14(月) 12:11:23|
  2. 未分類

無自覚の被害者は多い

職場からの帰り、自転車置き場に自転車を入れようとすると、隣のマンションに住む子供がサッカーを始めました。
その場所は自転車、歩行者が通る通路となっている場所です。
一度ぶつけられているので、親に一言文句を言ってやろうと、その子供に親を呼んできてくれ、と頼むと
その場から、「おかーさん」と呼びました。

2階(真ん中あたりの部屋)のベランダから、その子供の母親らしき人がバツの悪そうな表情をして現れました。
私は、「一度あなたの子供にボールを当てられている。この場所は、人や自転車が通る通路です。
止めさせてください」と言いました。

すると、その母親は、「私は、このマンションのオーナーの石○です。この場所は、昔公園だった。・・・・・だから構わない」
そのような趣旨のことを言われたと思います。
私は、あなたと話をしたいから、下に降りてきてくれ、と何度も言いましたが、「今忙しい」の一点張りで、2階から降りてこようとしませんでした。

「家には弁護士がいる。弁護士交えて家で話しを聞きます。」最後には、そう言われました。

階下と2階で、そんなやりとりを10分ほど、大声でしましたから、周辺の住人は、気がつかれたことでしょう。
私は、これで十分だと思いました。




それから、私のマンションに古くからいる管理人さんと、30分ほど、隣のマンションのオーナーとの件を話しました。
そして組織的犯罪(=集団ストーカー)のことを話しますと
「実は、あなたと同じことをおっしゃっている住人がいるのです。」と語り始めるではないですか。

西日本方面から東京へ出てきた方のようで
隣室の騒音が凄い、住居侵入もされる。」
とその度ごとに警察を呼んでいるらしいのです。

管理人さんは、引っ越せば、その被害も止むんじゃないのですかと勧めたそうですが
引っ越しても、ついてくる
そんなことを言われたそうです。

ああ、これは、組織的犯罪(=集団ストーカー)の被害者だ、とピンときました。
そして、その方は、組織的犯罪(=集団ストーカー)のことを知らないんじゃないのだろうかという印象を
その管理人さんとの話から、持ちました。

ネット環境があって、調べれば組織的犯罪(=集団ストーカー)のことに気づかれるかもしれません。
しかし、その環境に無い人だとしたら、自分の身に今何が起こっているかわからないんじゃないのだろうか。

被害初期の頃は、大掛かりな工作をして、被害者を自殺へと誘導することを知っている私は、
古参の管理人さんに、NPOテクノロジー犯罪のビラを10数枚ほど渡して「窓口においてもらえないでしょうか?」
と頼みました。

それは困るということでしたので、今私が話したようなことを言ってくる住人が居たならば是非このビラを渡してやって欲しい旨伝えて、古参の管理人さんにお願いしました。

又、「今私が書いているブログです」と、私のブログ名を教えて
「是非読んでみてください。今、こういう組織的犯罪が流行っています。」と伝えました。

こんな身近に私の他にも被害者らしき人が居たとは驚きました。
ただ、考えて見れば不思議ではないのかもしれません。

それほど、この組織的犯罪(=集団ストーカー)のターゲットにされている人の数は
当の本人が気が付かないだけで実は多いのかもしれません。







  1. 2010/06/09(水) 20:43:40|
  2. 未分類

コメント返信について

コメントありがとうございます。

加害者側のコメントがひっきりなしにあります。
ですので、どのコメントが本当の被害者さんのコメントなのかわからないのが現状です。

「私も被害者です。お会いしましょう。会えばおわかりになります。」
こんなコメントには、対応できません。
仮に本当の被害者さんだとしても、どうか逆の立場になって考えてみてください。

本当の被害者さんだったとしたら失礼なことがあったかもしれませんので、この場でお詫びいたします。

非公開のコメントにも関わらず公開の返信をした時もあったかもしれません。

aboutなことろがあるので、ご迷惑をおかけしたかもしれません。
本当の被害者さんには、失礼なことがありましたらこの場でお詫びいたします。

ちなみに私は他の被害者さんのブログにはほとんどコメント残しません。
コメント残していただいた被害者さんへのお礼にコメント残すくらいだと思います。

密室になってしまうより、一般の方に知ってもらうよう、
大きなサイトにURL記載の上コメント残すよう心がけています。




  1. 2010/06/09(水) 19:09:19|
  2. 未分類
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。