集団ストーカーと電磁波攻撃

集団ストーカー加害組織より2006年1月より未公表の科学力(ハイテク犯罪)を受けるようになりました。組織的犯罪(=集団ストーカー)及び未公表の科学力(ハイテク犯罪)の広報のためのブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人の心も通信も操る「非殺傷兵器」 /軍事転用される「電磁波」の恐怖

先日、非公開にてコメントいただいた方へ。

最近は、おかしなコメントばかりで、加害側の方だと判断し、あまり中身を読まずに削除してしまったのですが、電磁波攻撃についての週刊誌のコピーでしょうか?郵送していただきありがとうございます。ボツボツと公にはなってきているということなのでしょうね。

4月6日付の雑誌「選択」とありますね。

依頼内容の趣旨がよくわかりません。非公開で結構ですから、メールアドレスと、ブログのURLを記載していただき、再度コメントいただけますか?配っているビラが欲しいとかいろいろ書かれてありましたが、多分、どれもお力にはなれないかもしれません。せっかくいただいたコピーですので、引用させていただきますね。それから、コピーに、自筆ですか?依頼内容を書かれていたものは保管させていただきますね。



(本文)

4月6日掲載 雑誌「選択」より転載

人の心も通信も操る「非殺傷兵器」
軍事転用される「電磁波」の恐怖


携帯電話の爆発的な普及に伴い、電磁波の及ぼす人体への悪影響なども一部で指摘されているが、そのような事実を示す科学的検証結果はこれまでほとんど公表されていない。
一方、軍事目的面における電磁波研究は、我々が想像する以上の規模をもって秘密裏に進められてきた。1968年のニューヨーク・タイムズ紙に掲載されたカリフォルニア大学バークレー校デビッド・クレッチ博士の「環境的あるいは物理・生物・化学的手法により人間の行動や知的機能に影響をもたらすような技術が開発されるのは時間の問題だろう。そして、そのような技術がいったん完成すると、実際にそれを用いてみたいという誘惑に駆られる人間が必ず現れることになるだろう」という予言は、もはや非現実的なものでなくなってきた。
 
エール大学の大脳生理学教授だったホセ・M・R・デルガド博士は、50年代初めから電磁波が諸動物の脳や生理機能全般に及ぼす研究を進め、69年にそれまでの研究成果を
Physical control of the mind toward a psychocivilized society という著作にまとめて発表した。はからずも、その内容は生理学の世界に少なからぬ衝撃をもたらした。博士は周波数や波形を特別に制御した電磁波をワイヤレス方式によって動物に作用させ、その動物の脳機能をコントロールすることに成功したからだった。たとえば、博士は電磁波を用い、人為的に実験対象の猿を催眠状態から興奮状態にまで誘導できることを立証してみせた。デルガド博士は地球の磁場の50分の1というシ微弱な磁場や、検知自体が難しい極低周波を用いもした。結果、そのような低出力・低周波の電磁波の照射によってさえも動物の脳に大きな影響をもたらしうることが判明した、というのである。

ソ連が米大使館にビームを放った?

当然人体にも適用可能と思われるその技術に注目したCIA研究開発局のゴッドリーブ博士はデルガド理論の詳細な検証を行い、人体への応用技術開発を模索した。同じ時期、トゥレーン大学の神経外科医ロバート・G・ヒースもまた、人脳に対する電気的刺激が恐怖や快楽といった感情をもたらす幻覚症状を生み出す事実を発見している。米国の軍事技術の専門家らは、たとえば抗鬱剤として知られるリチウムのような化学物質をなんらかの方法で無害な量だけ人体に投与しておき、そのあと密かに特別な周波数の電磁波を遠隔照射してそれらの物質に物理化学的変化を起こさせ、脳機能や身体機能を狂わせるといった研究も進めてきた。軍事専門家が非殺傷兵器と呼ぶ心身機能阻害型電磁波兵器の開発について、ブッシュ政権の軍事顧問を務めたこともあるリチャード・トレフリー中尉や、その種の兵器研究の先駆者であるジョン・アレキサンダー氏などは、ウォール・ストリート・ジャーナル紙やミリタリー・レビュー誌において、国際法にも抵触する国家機密なので詳細は明かせないとしながらも、その事実を肯定するような発言をしている。彼らによれば、その種の軍事技術の実現が可能になったのはここ10年のことだという。

 また米国政府は機密事項だとして事実関係を公表していないが、60年代半ばから83年頃にかけてモスクワの米国大使館に向けてマイクロ波ビームが照射され、そのためか、ニクソン大統領訪ソの際には一部随行員の感情が不安定になり異常行動を示すにいたったという話もある。当時既にソ連ではLidaという極低周波発生装置が完成し、捕虜にした重要人物などを催眠状態やトランス状態に導き情報収集を行っていたようだ。この時以降米国でも電磁波が人体にもたらす異変を軍事的に利用する研究が加速された。検知の難しい極低出力・極低周波の電磁波研究は米国や旧ソ連以外の先進諸国においても進み、ドイツ科学アカデミーなども「特定の条件下においては極低周波は生体の細胞に特別な影響を及ぼす」との見解を出している。
 
一方、地球物理額的見地からも人工的な電磁波のもつ作用は無視できない。高エネルギー・高周波の電磁波を電離層に投射すれば電磁層のプラズマを過熱し活性化できる。そのことによってオーロラなどのような電離層の物理化学的現象の解明が可能になる反面、電離層が撹乱され通信に多大な障害も生じうる。気圧や大気の受ける熱量のほか、電離層のイオンの状態にも影響し、気象にも異変が起こる。また投射される高エネルギーの超高周波は電離層で反射され、極低周波の電磁波となって容易に地中の深部や深海に達し、さらには地球内部の地殻をも貫通する。この種の電磁波は深海の調査や地球内部の探査に活用できるばかりでなく、軍事的な面での利用価値が極めて高い。

HAARPに集まる疑惑

 電磁波の怖さが明らかになるのに呼応するように近年衆目を集めているのが、アラスカに完成したばかりの「高周波活性オーロラ調査プログラム(英語略称HAARP)」の研究施設だ。アラスカ大学の米国海空軍との共同研究施設という触れ込みだが、無数のアンテナが不気味に立ち並ぶその光景は異様である。米軍が深く関与しているうえ、その詳細が非公開だとあって、極秘の軍事施設ではないかという憶測を呼んでいる。

 米軍の公式文書では「大出力の高周波照射により電離層を加熱・活性化し、電離層の諸現象の制御実験を行うこと」がその目的だとされている。また、同文書は、「HAARPは電離層の基本的な性質を解明し、より高度な通信システムを構築するのに不可欠な純学術的プロジェクトで、電離層りよる極低周波の反射波を用いると、世界各地の断層をはじめとする地球内部の地殻構造、さらには、石油、ガス、各種鉱物資源などの物理調査が可能になる。将来的にも人類に貢献する地球物理学的プロジェクトだ」とも述べている。

 だが、それにもかかわらず各方面から憶測を呼んでいるのは、米軍の裏資料に「HAARPの目的は国防計画遂行のため電離層を高度に活用することだ」との記載があるからだ。HAARPによる極低周波電離層反射波は地球上の局部域に絞った照射が可能だとされ、既に、深海を潜航する原潜との交信、仮想敵国の軍事用トンネルや地下兵器格納庫の所在確認、世界各地の鉱物資源の埋蔵や発掘状況の探査、諸軍事システムの探知などに用いられているという。

 また、高周波・高出力の電磁波を局所的に照射して電離層を撹乱ないしは破壊し、特定地域の通信を不可能にする技術を完成しているとも囁かれる。いざとなれば、人工衛星の制御機能や核弾頭ミサイルの誘導機能を麻痺させることもできるほか、電離層に異常をもたらし世界各地の気象にまで影響を及ぼしうるという見方もある。

 いささかSFじみた話になるが、一部の専門家筋の間では、HAARPによる極低周波電離層反射波を特定国や特定地域に集中照射することにより、そこの国民や住民、軍事関係者らの間に、それに伴う深刻な事態も原因も悟られぬまま、生理学的心身異常や知覚不全を引き起こしうるとも噂されている。もしそれが現実になるとすれば、直接相手を殺傷することなく戦闘不能や戦意喪失へと導く、文字道理の「非殺傷兵器」の登場となる。








[人の心も通信も操る「非殺傷兵器」 /軍事転用される「電磁波」の恐怖]の続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2008/04/14(月) 09:54:53|
  2. 未分類
  3. | コメント:6

人間関係破壊工作

静かに生活していましたが、相変わらず電磁波照射は続いています。
私の場合は、両眼への照射が9割、心臓、脳他1割という割合です。
すでに3年近くになります。

朝起きると、目やにがびっしり。
目は真っ赤。
就寝中に眼球への電磁波照射をされているのです。

感覚伝送という方法のみの被害者もいるのかもしれませんが、私の場合は、実害があります。
視力の著しい衰え(矯正視力1.0が今は0.3くらいまでしか見えていないと思います。この部分が後々重要な証拠になると考えています)。
かすみ、ときどき黒い影が視界を遮ることもたびたび。
白目の部分の血管が浮き出るようにされてしまっている。

結果が出たならば、刑事告発(傷害罪、殺人未遂、肖像権侵害他)も考えねばなりません。


職場周辺では最近、
「ピンポンパンポーン。地域の皆さん!間もなく小学生の下校時間になります。通学路の見守りをよろしくお願いします!」
と、近くに小学校は無いし、下校している小学生も見たこともないのに、こんな公共放送が午後の2時半に流れるようになっています。


(本文)

職場の社長に、私が会社のお金を私心しているような嘘を吹きこむ人物が接触してきているようです。
人を疑わない社長が、妙に疑り深くなっています。
こういう私に対するマイナスの風評を吹き込む人物というのは、いかにも胡散臭い人物ではなく、社会的地位があったり、紳士然とした、凡そ嘘を吹き込むように見えない人物が利用されるているのだろうと思います。

社長に限らず、近くの会社の人達にも接触してきているのでしょうけれど、そういう人物をいずれは調べて見たいものです。


ブログには正確に住所、名称、日時を記載してきました。それら一つ一つ当たれば、私が、加害組織から何らかの嫌がらせをされている。
名誉毀損もされている。ということは証明できるのではなかろうかと考えています。

すでに、職場周りでは、私が、何らかの嫌がらせをされている、という認識は、一般の方も持っているようですし。

ただ、電磁波照射をされ、傷害罪に当たる行為を24時間されている。この部分を一般の方に証明することが一番の問題でしょうか。
家電製品から出ているような微弱な電磁波レベルの話ではありません!
そのようなことを言っている方は、加害側の方と思います。
日々電磁波照射を受けている被害者であればわかってくれると思います。

結局は、人間関係を完全に破壊し、経済的にも追い詰め、完全に孤立化した上で料理したいのだろうと思います。そこまでしてから加害を継続しないとバレてしまう恐れがあるからです。

最近は、集団ストーカーのことも忘れて、仕事に専念していたため、同じ被害者さんのブログや、掲示板を読んだりすることも少なくなっていました。
それでも、リンクさせていただいている被害者さんのブログだけは、最低限目を通すようにはしていましたが、その内のある集団ストーカー被害者さんのブログに、「掲示板の書込みが減っているのは、被害者の被害が軽減されているから云々」書かれていましたが、私への加害についても、慎重になっているように感じらるのは、もしかしたら、表に出そうになっているということなのでしょうか?

集団ストーカー加害組織は、

1.人間関係をありとあらゆる手を使って破壊し、
2.経済的基盤をも破壊


し、完全に孤立化させた上で、

1.自殺させる。
2.精神的破滅に導く。
3.切れさせて犯罪を犯すよう仕向ける。
4.合法的な社会的抹殺を謀る。


こういうことをずーっと昔から実行してきた、又、今現在実行している集団です。

こういう組織的悪のネットワークすでに日本の隅々まで張り巡らされているという事実を是非一般の方は知ってください!





  1. 2008/04/11(金) 16:06:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:4

近隣住民の方々へ

職場周辺の一般の方は、どうやら、私が「何らかの嫌がらせをされている」という認識を持っているようです。

先日も、職場の入り口に例によって自転車を止める嫌がらせをされていたのですが、会社に入って来た一般の人から、「あんた、嫌がらせされてるね。」とはっきり言われました。

その他、黙って、邪魔な自転車を片付けて言ってくれる人もいますし、
ああ、又、嫌がらせをされていると、ちらっと見て、黙って通り過ぎて行く人もいます。

「お上に逆らったから、嫌がらせをされている」先日、職場に来たお客さんから、そんなことを聞きました。どうやら、そんな噂を、近隣住民の人達は囁きあっているようです。

職場周辺の住民はその異変に徐々に気付き始めているようです。

職場環境は、こんなこともあって、静かになっているのでしょうが、自宅環境は、まだ私のことを知らない人が多いような気がします。

私の住んでいるマンションは、新宿中央公園近くのパレステュディオ新宿パークサイドです。マンションの前には「かに道楽」が建っています。

近隣にお住まいの方緊急車両、ヘリ、セスナ、爆音バイク、不用品の回収車、キャンキャンうるさく鳴く犬、クラクションなどが多く騒がしいと気付きませんか?

パトカー、消防車、一桁ナンバー、ぞろ目ナンバー、88ナンバーの車がよく止っているのを見ませんか?

在○の人が、時折豆腐売りのラッパの音を鳴らして、何か大きな声でしゃべっているのを耳にしませんか?

今まで見たこともなかったような人達がうるさい鳴き犬を連れて散歩しているのを目にすることがあ
りませんか?

これらの行為は一般の方に気付かれないようローテーション制で実行されています。
たとえば、連日ヘリ、セスナの威嚇ばかり行えば、その異変に一般の方が気付いてしまいます。
ですので、今日は、ヘリ、セスナでの威嚇、明日は、鳴き犬を鳴かす、翌日は、不用品の回収車・・・・という具合です。同日で実行する場合も同じことを決して繰り返さず、一般の方に気付かれぬよう手を変え品を変え実行しています。
注意深く観察して見てください。その異変にきっと気付いてもらえるはずです。

又、通勤時においても、私の出勤もしくは帰宅時間に合わせて、駐車場前の狭い通路に車一台止めて、バイクを出れなくしたり、私の住むマンション前の方南通り沿いに車を止めて置き、駐車場へ入るのを邪魔したり、出勤時においては、右折するちょうどその場所に車一台止めて置き、死角を作り、事故を誘発させようとしています。
私の乗るバイクはホンダのスクーピーというグレーの原付バイクです。
是非確認してください。私の出勤時、帰宅時に合わせてどのように進路妨害しているのかを。

これらの行為はすべて加害組織による一個人への組織的嫌がらせ(集団ストーカー)の一部なのです。マンションの中で働かれている管理人さん達も気付いてくださいね。注意して私のことを観察していれば、「何らかの嫌がらせをされている」ということに気付くはずですから。

私の場合は、主に眼球を狙った電磁波まで浴びせられています。
矯正視力1.0で作った眼鏡が、今は、0.3も見えていないのではなかろうかと思ってます。
この眼鏡を作ったときの私の年齢並びに今の私の年齢を考えたときに、ここまで急激に視力が落ちることは、怪我、病気でもしない限りありえないはずです。

集団ストーカーという犯罪のターゲットにされると、つきまとい、風評被害、電磁波攻撃などによって、
自殺に追い込まれるか、切れて犯罪を犯す、というところまで追い込まれてしまいます。
いつ何時、自分がターゲットにされるかわりません。

マスゴミは、決してこの犯罪について報道することはありません !
むしろ隠蔽に積極的に協力しています!
真実の情報はネットからしか得られません !
パソコンをお持ちでしたら「集団ストーカー」検索してみてください !!

どれだけ多くの被害者がいるのか知ってください !





[近隣住民の方々へ]の続きを読む
  1. 2008/04/11(金) 16:05:28|
  2. 未分類
  3. | コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。